松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

新松戸 麺道GENTEN 「ラーメン with ワンタン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 新松戸の『麺道 GENTEN』にて、「ラーメン with ワンタン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

新松戸の『麺道 GENTEN』にて、「ラーメン with ワンタン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

とにかく行くところ行くところ、全てにフラれてしまってお昼難民だったこの日、コインパーキングにクルマを止めてしまった手前、どうにか食べられる場所が無いかと探しまくっていたのですが、同僚(笑)が脳みそを絞りまくって思い出したお店が、こちらの『GENTEN』さんでした。

前に観た時に少し気になっていたのだが、クルマを止める機会が無くて…と言うことで、とにもかくにも漸く食べる場所が見つかって、いそいそとお店にお邪魔しました(^^;。


食券機の前に立つと、とにかくおなかが減っていることもあり、どれもこれもが美味しそうです( ^o^)ノ。
しかし、初めての訪問と言うこともあり、今回は普通にラーメンを選択しました。
ちなみに、同僚(笑)はつけ麺にしたのですが、その際、ワンタンをトッピングしていたので、私もそれに倣ってワンタンを追加トッピング( ^o^)ノ。

早速食券を店員さんに渡しますが、どうやら麺が3種類の中から選べるらしく、細麺、太麺、手もみ麺があるとのこと。
私も同僚(笑)も、太麺を選択しました。

ラーメンが運ばれてくるまでの間、店内を漫ろ観しますが、なんでも “あじさい葱” と言うモノを押しているようです。
う~ん…近くに『あじさい寺』があるので、それに肖(あやか)っての “あじさい葱” でしょうか…?

そんなことを話しているウチに、ラーメンが運ばれて来ました

 


私のラーメンは、濃い醤油色をした、俗に言うところの「魚介系ドロドロスープ」と言った感じです。
少し赤身を残した半生チャーシューが美味しそうで、ワンタンももちろんトッピングされています( ^o^)ノ。

 


同僚(笑)のつけ麺は、まさに私のラーメンをそのままつけ麺にしたような感じで、面白いのがツユの椀がカップでした( ^o^)ノ。
うん、ある意味これは食べやすいですよね( ^o^)ノ。

 


早速箸を取って頂きます。

まず思ったのが、太麺にしたのだから太麺は当たり前ですが、実に極太な麺です( ^o^)ノ。
ツルリとした舌触りに丸い断面の麺は、モッチリとしていて、なかなかの食べ応えです。

ちなみに同僚(笑)の麺も、非常に太く見えますし、食べている姿を見るに、確かに食べ応えが凄いようです(^^;。

スープは魚介系でコッテリなのですが、極端にお腹の減っていたこの時は、そのこってりさが胃袋に染み渡るようで、普段の幾倍も美味しく感じます( ^o^)ノ。

意外とオイリーなのですが、それを含めて美味いです( ^o^)ノ。
さらに、冷めてくるとスープの表面に膜が張ってしまうほど濃いのですが、そのスープひっくるめて完食。

太鼓腹を叩きつつ、お店を後にしました。

外に出てから、同僚(笑)が「麺が美味かったですね~」、と言っていて、それには私も同感。
あの濃厚なスープで、手もみ麺も食べてみたくなりました。

さらに、こちらの『GENTEN』さんには台湾まぜそばもあるようで、それもチャレンジしてみたいです( ^o^)ノ。

う~ん…。
なんとかまた行ける機会を作らねば…そう思った、お店でした( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.