松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

大泉学園 ステーキてっぺい(再々訪編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

大泉学園の『ステーキ てっぺい』にて、ランチを堪能してきました( ^o^)ノ。

この日は偶然、練馬区に用事があって家族で足を運んだのですが、お昼時、何か食べようと言うことになりまして、実は最初から『ステーキ てっぺい』に行く事を決めていました( ^o^)ノ。

と言うのも、先日、仕事の関係で大泉学園に来ていたとき、何度か訪問して、非常に美味しくて、カミさんや息子にも食べさせてあげたい…とずっと思っていたからなんです( ^o^)ノ。

と言うわけで、カミさんは「ステーキって、高いんでしょう…?」、と最初腰が引けていましたが、クルマのハンドルを握るのは私です。
有無を言わさず、お店に向かいました( ^o^)ノ。

お店に着くと、一瞬、地下の奥深い場所にあるお店に奇異感を感じているようですが、ドンドン先行してお店の中に入っていく私の、後について入ってくるカミさん。
お店に入って、そのスタイリッシュな雰囲気に、良い意味で驚いたようです( ^o^)ノ。

店員さんが私のことを覚えていてくれて、ちょっと会話を交わしつつ(なんでも私のブログも読んで頂けたようです( ^o^)ノ)、4人掛けのテーブルに座ります。
私としては、カミさんに食べて貰いたいモノがありましたので、どんどん音頭を取ります。

結果、息子にはガーリックライスを。
カミさんにはステーキの150gを。
私はハラミステーキの100g。
そして追加オーダーで、サラダを二つ取りました。

まずはサラダが運ばれて来ます。


そのサラダを見て、「ね? これってゴマドレッシングのサラダにしか見えないでしょう?」、とカミさんに言うと、カミさんも「ん~? ゴマドレッシングじゃないの?」、と首を傾げながら一口。
「ニンニクなんだ~」、とビックリ( ^o^)ノ。
息子にも食べさせると、余程美味しかったのか、パクパク食べてしまいます( ^o^)ノ。

んふ~、この驚きが嬉しいですね( ^o^)ノ。

そして息子のガーリックライスとスープが来ました。


店員さんがすぐに取り皿と、息子用の小さいスプーンを持って来てくれて、皆でシェアして食べます。

固めに炊いたご飯と、遠慮の無いニンニクの量、そしてしっかりと油。
胡椒の効きも最適で、息子が「これ、胡椒、辛くない?」、と言っていたのですが、一口食べて気に入って、バクバク食べ進めます( ^o^)ノ。

そうこうするうちにカミさんのステーキが運ばれて来ました。


そして少し遅れてご飯も。

カミさんは、そのご飯の量に驚いていました(^^;。

私のハラミも運ばれて来て、皆でシェアしながら頂きます( ^o^)ノ。

そして、カミさんにそっと、「…ご飯は、無理に全部食べようとはせずに、半分くらい残しておくと良いよ」、とささやきます。

先にお肉を全部食べ終わり、ご飯はまだ半分くらい残っています。
これを、皿に残ったお肉のソースに放り込んで、さらに別添えのステーキソースを掛け回して、よくかき混ぜて食べると…これがまた得も言われるぬ程美味しいンです( ^o^)ノ。

余り褒められた食べ方ではないのですが、そっと店員さんから隠れるように(とか言いつつブログで書いてるし(^^;)、こそこそとやりますが、カミさんも気に入って、相当美味しかったようです( ^o^)ノ。

結論から言うと、カミさんが喜んでくれたのはもちろんのこと、息子が大喜びでした( ^o^)ノ。
家に帰ってからも、私の母に、「ババ~、今日の味付きご飯は美味しかったんだよ( ^o^)ノ」、と話していました。

う~ん、ここまで皆が喜んでくれると、連れて行った者冥利に尽きますね。
今度は、両親も連れて行ってみたいと思います…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.