松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

南千住 がんこラーメン 「塩(しそ風味)ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 南千住の『がんこラーメン 南千住店』にて、「塩ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

南千住の『がんこラーメン 南千住店』にて、「塩ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

私のがんこラーメン遍歴は、秋葉原にあった末広町店から始まるのですが、それが本郷店や青戸店や松戸店、蔵前店等に繋がって行くのですが、現在残っているお店は、少なくなってしまいました。

現在でも足繁く通うお店はありますが、それでも私の本当の一番最初のがんこラーメン、と言うのは末広町店で、やっぱりそこの味が、ずっと記憶に残っています。

その末広町店で大好きだったのが、「塩」でした。
この「塩」はシソ風味で、大きな丸いチャーシューと一緒に、啜っていたのが未だに思い出せます。

その後、末広町店は閉店。
末広町店の系譜を継ぐお店も最近までありましたが、やっぱりこちらも閉店。

あぁ…もう食べられないんだなぁ…と、半ば諦めていました。

そんな折、存在は知っていたのですが、今まで食べることが出来なかったのが、今回お邪魔した「南千住店」でした( ^o^)ノ。

このコロナ禍、ずっとお店を閉めていて、なかなかどうしてお邪魔する機会を得ることが出来ませんでした。
ずっと閉まっているので、もしかしたら、このままお店を閉めてしまうのでは…と言う恐怖もあったので、先日、本当に偶然、営業を再開しているのを確認し、初めてお邪魔することが出来ました( ^o^)ノ。

そして、懐かしい「塩」に再会することが出来ました…。


夕方、日も落ちていた時間帯ですが、偶然お店の前を通ったとき、お店に火がともっているのを確認しました。
そのまま大急ぎでパーキングメーターにクルマを停め、走ってお店に向かいました。

お店に入ると、小さな店内で、先客が一人。

 


醤油の全部のせを食べていたのですが、メニューを見た瞬間、「塩(しそ風味)」とあるのを見つけ、それに決めました( ^o^)ノ。

オーダーしてからが早いがんこラーメンとしては、少し待たされましたが、出て来たのが、末広町店のような出で立ちの「塩」で、もうそれだけで胸が一杯になってしまいました( ^o^)ノ。

 


早速箸を取って食べてみますが、ツンッと来るシソの風味とピシッとした塩加減。
牛骨の出汁と大きい丸いとろけるようなチャーシュー。
少し多めのネギと、味の薄いシナチク…。

麺が少し違うような気がしましたが、記憶に残る末広町店の味に近く、個人的にはもうそれだけで…。

 


実際に、がんこラーメンとしても美味しくて、これは是非とも、もっともっと通い続けたい、と心底思いました…( ^o^)ノ。

…懐かしい味に再会出来た幸せと、純粋に美味しいラーメンに出会うことの出来た幸せ、そのダブルの幸せに巡り会うことが出来ました( ^o^)ノ。

 

…こんなことって、あるんですねぇ…( ^o^)ノ( ^o^)ノ( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.