松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

千葉市花見川区 山岡家 「味噌ラーメン」

2020/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

千葉市花見川区の『ラーメン山岡家 千葉花見川区店』にて、「味噌ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

「ものづくり・DIYチャンネル」と銘打った、YouTuberの某吉田さんがよく食べに行くのが、群馬の『山岡家』で、私の住む千葉にも結構お店があります。
なので、前から少し気になっていました(^^;。

この日は、偶然16号線を千葉方面に向けて走る機会があり、その途中、2件ほど『山岡家』があり、そのうちの千葉花見川区店にお邪魔しました(^^;。


お昼時とあって、そこそこの人入りでしたが、カウンターは比較的空いていて、直ぐに席に着くことが出来ました。
椅子に座ってから食券機があることを知り、慌てて食券機の前に(^^;。
何を食べようか悩みましたが、なんか妙に”味噌”の文字に心が惹かれて、珍しく「味噌ラーメン」をチョイスしてしまいました。

食券を店員さんに渡しがてら、「お好みは如何ですか?」、と聞かれ、テーブルのところを観ると、どうも『山岡家』では、味の濃さや麺の堅さ、油の量などが、結構細かく、好みに合わせて調整出来るようです。

私は今回初めてだったので、「初めてなので、全て普通でお願いします」、と伝えました。

それから、ラーメンとしては結構な時間を待ちました…。
ふと、さっきの好みの調整の但し書きを見ると、なんでも麺が太めなため、茹で時間がかかる旨の注意書きもありました。
まぁ…じゃぁしょうがないよね、と納得してる頃、漸く私の元に「味噌ラーメン」が運ばれて来ました。

ちなみにラーメンを持って来てくれたのも、カウンター越しに渡されるのでは無く、「右から失礼します」、とわざわざ店員さんが私のところまでラーメンを持って来てくれました。
勿論マニュアルなのでしょうが、丁寧な接客なんだなぁ…とちょっと関心。

と言うわけでラーメンを観ると、表面を覆う透明な油。
結構な油です…(^^;。

これは…と思いつつ麺をすくって食べてみると、なるほど、これは確かに太麺ですね。
太麺ならではの強いコシもあって、なかなかの食べ応えです。
3枚も入った大きめの海苔も、意外と厚くて、赤っ茶気たペラペラの朝食海苔程度の海苔が申し訳程度に載っているような感じでは無く、存在感が半端ないです(^^;。

そこから行くとチャーシューが逆に控えめで、チャーシューメンにすればまた話も違うのでしょうが、ともすれば、ちょこんと乗ったほうれん草程度の主張しかない、奥ゆかしいチャーシューでした(^^;。

味の方は、豚骨ベースのうま味の強いスープで、味噌がよく合います。
良くも悪くも、私の好きな『ラーメンショップ』に近い味です( ^o^)ノ。

油の層があって、なかなか冷めないのは嬉しいですが、ずっと舌を焼き続けることにもなりました(^^;。
個人的には次は油なしでお願いしたいなぁ…と思いつつ、いつの間に完食してしまいました。

結構ジャンキーな味わいで、カミさんや息子を連れてくるのはどうかなぁ…と思ってしまいましたが、ロードサイドにど~んと構える『山岡家』の文字は、なかなかインパクトがあります。

別のお店も入ってみて、お店毎の違いなかも感じられたら面白いだろうなぁ…と、ご馳走様を伝えて席を立つ、ちょっと思ったお昼時間でした…。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.