松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

凱婷縁 秋葉原 「何仙姑(かせんこ)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『凱婷縁』にて、「何仙姑(かせんこ)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

久しぶりの『凱婷縁』となりました( ^o^)ノ。
しかし、到着してみたら、いつもの所に先に駐車している人がいて、クルマを停めることが出来ませんでした(^^;。

仕方なしに、先に秋葉原で用事を済ませてから戻ってきたところ、そのまま駐車することが出来ました( ^o^)ノ。


この日は何を食べようかなぁ…と考えていたのですが、なにとはなしに、「雲呑が食べたいなぁ…」と考えていて、結果的に「何仙姑」一択となりました(^^;。

いつものように食券を購入し、お店の人に渡します。
久しぶりだったので、少し話しなどをしつつ、ラーメンが出来上がるのを待ちます( ^o^)ノ。

…そういえば、何仙姑って、確か雲母を食べて仙人になったんですよねぇ…。
さらに言うと、雲母を食べて身体が軽くなり、空も飛べるようになったとか…。

う~ん…。
雲母と言えば、昔、小学校の教室で使っていた石油ストーブ。
あれののぞき窓が雲母製だったよなぁ…と。

…子供頃に、アレを盗んで喰っておけば…今頃仙人になれてたのになぁ…とアホなことを思って居るとラーメンが運ばれて来ました(^^;。

 


見た感じ、全体的に茶色い色合いで、あまり女性的な美しさは全く見えません(^^;。
美容にも良いというキヌガサダケが添えられており、食感はジャクジャクとしたスポンジのようです。

脂はポルチーニ茸の香油と鶏油が選べたのですが、私は鶏油にしたので、あまり普段とは違う香りはしません(^^;。

全体として、鶏の旨味に富んだスープで、ストレート麺によく合います( ^o^)ノ。

食べたかった雲呑は2個入っており、個人的にはもっと食べたかったです(^^;。

途中、別途出された生姜を加えて味変を楽しみ、最後はサービスライスをラーメンのスープに浸して完食となりました( ^o^)ノ。

いつものように美味しかったのですが、実はこの日、料理長さんから、「さおたん」なる料理のテクニックを教えてもらいました。
すぐその場でスマホで調べてみたのですが、「掃湯」と書くらしく、濁ったスープを透明にする方法だそうです( ^o^)ノ。

実は今、ちょっとしたことを企んでいるので、早速のこの手法を使わせて頂こうと思っています( ^o^)ノ。

ん~、今から楽しみです…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.