松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

上野 稲荷屋 「醤油ワンタン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 上野の『稲荷屋』にて、「醤油ワンタン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

上野の『稲荷屋』にて、「醤油ワンタン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

先日、簡単なモノではありますが、とある手術をしまして、上野のクリニックに術後の検査と消毒のため、向かいました。
経過は良好で、死ぬほど痛かったですが消毒も終わり、ふと思ったらお昼をまともに食べていませんでした(^^;。

ただ、時間帯が夕方に近かった為、殆ど飲食店が閉まっており、コンビニでおにぎりでも買うかなぁ…と諦観の元、運転していたら、偶然、営業をしているお店を見つけました。
それが、『稲荷屋』さんだったんです( ^o^)ノ。

思わず、「キターーー!!」と思いつつ、慌ててクルマを回し、お店の前のパーキングチケットに停めました。
チケットを買うのももどかしく、車内に買ったばかりのチケットを貼ったら、大急ぎでお店に。

 


時間も時間だったので、当然限定のラーメンはありませんでしたが、それでもこのお店は美味しいお店だ、と覚えていたので、ノーマルに醤油…と思ったのですが、ワンタンが目に止まり、「醤油ワンタン」にすることにしました( ^o^)ノ。
また、少しだけ冒険もしたくなり、「青唐辛子」も購入。

席に着きつつ、食券を店員さんに渡しました。

 


席に着いてすぐに出されたのが、「青唐辛子」。
てっきり、神保町の某有名店の「青とう」のように、少し手を加えた青唐辛子が出て来るのかな、と思っていたら、普通に青唐辛子を輪切りにしたモノが提供されました(^^;。
ただ、量が結構あってビックリ(^^;。
ガチで辛い唐辛子だったらヤバいなぁ……と思いつつ、静かにラーメンを待ちます(^^;。

 


そして差し出されたのが、大きなチャーシューで表面を覆い隠すような、そんなラーメンでした( ^o^)ノ。
刻みネギや、上に乗っているカイワレダイコンが凡そ可愛く見えるほどで、麺が全く見えません(^^;。

 


ほじくり出すようにして麺を引っ張り出すと、細めの縮れ麺で、実際に食べてみると、こあい歯応えのコシと、ツルリとした食感が面白いです( ^o^)ノ。

細麺だけあって、鶏ガラの効いたスープをたっぷりと引き上げてくれて、思いの外、エネルギッシュに食べられます( ^o^)ノ。
途中、「青唐辛子」も加えてみましたが、思ったほど辛くなく、唐辛子の香りが嬉しいです( ^o^)ノ。

そして、肝心要のワンタンは、挽肉が入っている、と言うよりかは、肉のペーストが入っている、と言う感じで、肉的にはみっちりとした感じのワンタン。
個人的にはワンタンの皮が大きかったので、このトゥルントゥルン感が大好きです( ^o^)ノ。

強い鶏ガラのスープに乾物の旨味がしっかりと合わさったスープも美味しくて、総合的に隙の無い美味さが最高でした( ^o^)ノ。

こちらのお店は、以前カミさんを連れてきた際、カミさんも甚く感動していました。
…う~ん…また連れてきてあげたいなぁ…と思うのですが…。

やばい、こんなことを書くと、また言質を取られてしまいます…(^^;。
ま、そのうち…機会があったら…ね(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.