松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

上野 大和 「白だし ワンタンメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

上野稲荷町の『志那そば 大和』にて、「白だし ワンタンメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

本当は別のお店に行くつもりだったのですが、クルマを停めた瞬間、対向車線の向こうにこちらのお店を見つけて、なぜか心が騒ぎ、気がついたら実際に暖簾をくぐっていました(^^;。

全くの前知識なしに入ったお店だったので、何が美味しいのかもサッパリ分からず、とりあえず食券機の前で立ち尽くしました(^^;。

そして、メニューを見ると、なんとなく内容が分かってきたので、「白だしのワンタンメン」を注文してみることにしました( ^o^)ノ。

ちなみに私はワンタンが大好きで、皮がメインのチュルンとしたワンタンも好きですし、「ワンタンは肉料理だ」、と言わんばかりの、皮にみっちりと肉の詰まった、ボリューミーなワンタンも好きです。
そして、その中間に当たるような、肉団子を大きめの皮でくるんだような、人魂のような形をした肉と皮の両方が楽しめるワンタンも大好きです( ^o^)ノ。

『大和』さんでは、その “人魂” 型のワンタンでした!

サッと運ばれて来たラーメンは、白だし、と言うか塩ラーメンと見間違うばかりの風体で、ちょこんちょこんと乗った海苔、ネギ、シナチク、焼豚の潔さに、どっさりと乗ったワンタンの対比が素晴らしいです(^^;。

早速箸を取って食べてみると、つるんとした表面の、少し細めのストレート麺が、するっと箸から抜け出してしまいそうになりますが、箸で上手く掴んで口に運ぶと、思いの外ピシッと筋金の入った塩味がキマっています。

鶏の風味と鰹の風味がことのほか上手く組み合わさっていて、見た目から想像出来るより、ボディの太い味の濃さだと思いました。

麺自体も、程よいコシがあり、その食感と相まって、あっという間にスルスルと食べられてしまいます。

そして、肝心要のワンタンは、チュルンとした皮と、噛んだ瞬間にジュワッと肉汁のあふれ出る具の感じがなんとも美味しくて、でも死ぬほど熱いので、パク、ガブ、ジュワッ、ハフハフ…と言う一連の流れを何度も繰り返してしまいます(^^;。

前述の通り、見た目以上に味が濃く、しっかりとしているので、このスープに白米を沈めて、オジヤのようにして食べたら、さぞかし美味しいだろう…と心底もいました(^^;。
実はライスの用意もあり、知っていたら絶対に食券を購入していたのに…と、スープの飲み干しながらずっと後悔していました(^^;。

そんなわけで、直感だけで入ったお店が美味しいと、本当に嬉しいですよね!
満足満足の腹鼓を叩きながら、午後の仕事に向かいました…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.