松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

上総一ノ宮 逸品香 「おやじタンタンメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

千葉県は上総一ノ宮の『逸品香』にて、「おやじタンタンメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

九十九里有料道路の終点、一宮料金所から歩いて1分のところにある、如何にも大衆中華食堂、と言った雰囲気のお店なのですが、今回入ったのは初めてでした(^^;。
この辺りにはあまり食事処がなくて、東京オリンピックの関係で、ここ最近漸く食べるところも増えてきたようですが、それでも圧倒的に少ないんです。

なので、昔からあった『逸品香』にはもっと早くに来てもおかしくなかったのですが、どうにも折り合い悪しく、なかなか来ることが出来ませんでした。

今回、入った理由というのが、お店の前にあった看板に、「おやじタンタンメン」というメニューが書いてあって、それに興味が湧いたからでした(^^;。


お昼休み、クルマを出して来てみると、店内は人で一杯。
やっぱり、食事処が少ない、と言うこともあるのだと思います。
上手いこと我々3人が座れるテーブルがあり、急いで腰を掛けました。

卓上のメニューを見ると、普通のタンタンメンはあるのですが、店前に書いてあった「おやじタンタンメン」が載っていません。


ぐるりと店内を見渡してみたら、壁に貼ってありました(^^;。

早速注文して、少し待つと、先に運ばれて来たのは同僚の「酸辣湯麺」でした。


続いて「タンタンメン」が運ばれて来てました。


最後に来たのが、私の「おやじタンタンメン」です。

結論から言うと、”白髪葱” が乗っているので、「おやじタンタンメン」と言うことのようです。

まぁ駄洒落的なことなのだろうとは思っていましたが、正鵠を射ており、思わず苦笑(^^;。

早速箸を取って食べてみます。
ゴマの風味は少ないのですが、意外としっかりとしたラーメンで、非常に美味しいです。


麺も良い感じのコシで、スープの濃厚さも相まって、手が止まりません。

スープもなかなか濃厚で、これならご飯も一緒に頼んで、ドボンしたら最高に美味しいのになぁ…と、頼まなかった自分に後悔しました…(^^;。

まぁ言ってしまうと、「担々麺」ではないと思いますが、「タンタンメン」なので、これはこれで良としたいと思います(^^;。

同僚の「酸辣湯麺」も美味しかったようで、このお店はアタリだと思いました( ^o^)ノ。

一宮で我々が入っている物件は、この『逸品香』からはちょっと遠く、クルマを出さないと来られないのですが、これならクルマを出してでも来る価値はあると思いました。

次の機会は何を食べようか…ちょっと楽しみです( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.