松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

パンク修理キット

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

先日、愛車レヴォーグがパンクし、タイヤを交換したのですが、その際、クルマを修理出来るところまで動かすに当たって、パンク修理キットを使用しました。

以前乗っていたレガシィには、パンクしたときのためにスペアタイヤが搭載されていたのですが、今のレヴォーグにはスペアタイヤでは無く、パンク修理キットが搭載されています。

具体的には、パンクしてしまったタイヤに特殊なゴムの薬剤を注ぎ込み、応急的に空いた穴を内側から塞ぎます。
その上で、附属の電動コンプレッサーでタイヤに空気を入れて修理します。

もちろんこれは一時的なモノで、恒久的な修理ではありませんので、可及的速やかに専門の修理工場にて修理、またはタイヤの交換が必要になります。

ただ、パンクキットそのもの使用自体は非常に簡単で、説明書をよく読んで、その通りに作業をすれば、スペアタイヤに交換する時ように力が必要な場面も特段無く、女性でも簡単に作業をすることが出来ます。
しかし、この時の修理キットの薬剤は1回分しか無く、繰り返し使えるスペアタイヤと違って、また別のタイヤがパンクしたら、お手上げです。

その為、一度パンク修理キットを使用してしまったら、大急ぎで薬剤を補充する必要があります。

そんなわけで、スバルの営業マンを通じて、薬剤の発注をしておきました。

しかし、いろいろな都合が合って、実際に取りに行くのは、数週間後になってしまいました(^^;。

と言うわけで、この日、ようやっとスバルに薬剤を取り行く事が出来たのですが、出て来た薬剤が、全く別物でした(^^;。


まぁ、中身は一緒なのでしょうが、薬剤の入っているボトルの形状が違います。
もちろんキャップの形状なんかも違っています。

これによって何が違うかというと、修理キットのパッケージに入らないんです(^^;。
まぁパッケージに入らない程度なら別に困らないのですが、キャップの形状が違うと、タイヤへ薬剤を注ぎ込むときに使うホースの形状が合いません。

なので、これはこれで構いませんが、ちゃんとホースも一緒にくれ、とお願いしたら、さぁ困った、と(^^;。
なんでも、薬剤の発注は受けていたけど、ホースは考えていなかったようで、おぃおぃ、薬剤もホースも使い捨てじゃないんかい、と(^^;。

「薬剤としか聞いていなかったので…」

とは言いますが、こっちはキットの中のパーツがどこまで個別に発注出来るかなんて知らないので、薬剤の発注をしたら、ホースの必要の有無はユーザー側が尋ねることでは無く、ディーラー側で確認することでは無いのか、と。

そうこうするうちに、レヴォーグ用の薬剤が出て来て、事なきを得たのですが、困ったのは金額(^^;。

事前に6千円程度、と聞いていたのですが、実際に出て来たものは9千円を超えていました。

まぁモノ代なので、それにお金を払うこと自体は仕方が無いことだとは思うのですが、事前に話していた金額と全く違うので、流石に文句の一つも言いたくなりましたが、ゴネたところで金額が変わるわけでも無し、きちんと払うモノは払った上で、スバルの物品の管理体制に文句を言ってやろう…と思っていたら、なんと値下げをしてくれました(^^;。

一応、「薬剤+ホース」の代金と言うことで、7千円は超えましたが、まぁ頑張ってくれたので…と飲み込みました。

以前、某M社のディーラーで、当時の愛車アテンザを修理に出したら、書面で見積もりをもらった上で修理工事をお願いしたにも関わらず、なんと「工賃を入れ忘れたので、あと3万円下さい」と事後報告。
工事後に追加料金を請求されたことがあります。
修理に際してさらに追加部材が必要になって、それの代金がかかったというならまだ分かりますが(それにしたって事後報告は無いだろう)、手間賃である工賃を、そっちのミスで入れ忘れたからって、ミスした側は何のおとがめも無しにユーザーに全部被らせるか?、と激怒して、払うモノは支払いましたが、それ以来、我が家は30年近いM社のユーザーでしたが、二度とM社からクルマは買わなくなりました。

それと比べたら、なんと人情味のある対応か…とちょっと感激しつつ帰宅しました。

まぁね…車種は一杯有るからね…(^^;。
仕方が無いこともあるかなぁ…とも思うけど、その後のフォローですよね…。

ホント、つくづくそう思いました…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.