松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

ナマズ春巻を作ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

特売だったナマズで、春巻きを作ってみました( ^o^)ノ。

私が息子の影響でナマズ釣りを再開したのは去年も夏頃なのですが、その際、大変参考にさせて頂いたのが、Twitterで「いいね」を頂いたイカノフさんで、氏のツイートでした。

イカノフさんは真面目にナマズ、特に特定外来種のアメリカナマズと向き合っておられて、アメリカナマズを食べて有効活用しよう、と言う信条をお持ち。

私は、元々食べるつもりでウナギを釣りたかったのですが、ウナギとナマズは基本的に食性が一緒で、釣果がそのまま生息数の差になります。
つまり、同じ場所にウナギが1匹、ナマズが100匹いたら、計算上ナマズを100匹釣ってようやくウナギが1匹釣れるような塩梅。

ならば最初からウナギを狙うのではなく、ナマズを積極的に狙えば良いじゃないか、と考え方を変えました。
以前、アメリカナマズは1回だけ食べたことがあって、別段不味いと言うことはなかったので、ガンガンとナマズを釣って、ジャンジャン蒲焼きにしよう!、と思いました。

そんな折、イカノフさんを知り、Twitterをフォローさせて頂くと、ま~食に関してアイディアが尽きないというか、兎に角いろんな方法でアメリカナマズを食べていらっしゃいます(^^;。

私は当初、蒲焼きくらいしか頭になかったのですが、それも試行錯誤の連続(^^;。

最初は関東風のウナギの蒲焼きのように、一度蒸してから焼いてみたら、油が抜けすぎてしまって失敗。
魚焼きグリルで焼くのも、悪くはないですが、もっと美味しく食べる方法は…と考え、結局七輪を使って、炭で焼くのが一番美味しいことが分かりました。
タレにも凝って、ナマズで出汁を取ってタレを作ってみたりもしました。

が、そこで停まってしまい、イカノフさんの料理を見ながら、真似して揚げて薬味と一緒に中華餡かけ風にしてみたり燻製にしてみたり、オリジナルを気取ってはんぺんを作ってみたり、と言うのもやってみました(^^;。

最近、どうしてもやってみたかったのが、イカノフさんが作っていた、ナマズの春巻でした(^^;。

そう思って、何度か川に足を運んだのですが、季節のこともあって、どうしてもナマズを釣ることが出来ませんでした…。

まぁそこはそれ、釣れたときの楽しみに…と思って、ずっと案だけを温めてたのですが、たまたま今日、地元のスーパーに足を運んだところ、パンガシウスが売れ残っており、特売になっていました( ^o^)ノ。

パンガシウスとは、俗に言うナマズの一種で、wikipediaによると、

“パンガシウス科(Pangasiidae)は、ナマズ目に属する科である。パキスタンからボルネオまでの南アジア一帯の、汽水から淡水域に生息する。この科は30強の種を含み、代表的な種には絶滅の危機に瀕している世界最大の淡水魚のひとつ、メコンオオナマズがいる。”

とのこと。
さらには利用として、

“本科のある種はあっさりした白身魚で美味であり、広く食用にされる。近年は大規模に養殖されている。パサなどのベトナム産の養殖パンガシウスは白身魚のフライなどに加工され、北米や日本に大量に輸出されている。”

とあり、確かに日本でも、冷凍の食材を扱うお店などでは、比較的よく見かけます。

釣りたかったアメリカナマズではありませんが(アメリカナマズは、アメリカナマズ科に属するナマズの一種で、ナマズ目は同じですが、科としてはパンガシウスとは別種のナマズです)、これもナマズだから…と、自分に言い訳をして購入してしまいました(^^;。

ただ、正直言って、春巻に関しては全くの素人。
以前に作ったことはありましたが、クックパッドとにらめっこで作った程度で、しかもナマズを加えて、と言うのは、全くの初体験です(^^;。

なので、兎に角、それらしい具材を買い集めました。

椎茸
キャベツ
カニカマ
カマボコ
豚挽肉
キクラゲ

これらをフードプロセッサーで砕いて、オイスターソース、醤油、胡椒、味の素、ニンニク、生姜、ごま油を目分量で味付け。
これを餡にして、パンガシウスの身と一緒に春巻の皮で包み、油で揚げました(^^;。


油の温度調整が上手くいかず、ちょっと汚い揚げあがりになってしまいましたが、結論から言うと、美味しく作ることが出来ました( ^o^)ノ。

と言うか、本当はパンガシウスをメインにしたかったのですが、クセのない素直な味ゆえに、控えめな具材、という感じで終わってしまいました…(^^;。


まぁ、とても美味しく出来ましたし、カミさんは、「息子のお弁当にも入れたい」と言ってくれたので、結果論として大成功でした( ^o^)ノ。

取り敢えず、イカノフさんには最大限の感謝を捧げつつ、今度は自分の釣ってきたアメリカナマズで、さらに美味しく料理を作りたいなぁ…と、そう思った次第です…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.