松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

スペアリブを焼いてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

義弟がスペアリブを持って来てくれました( ^o^)ノ。

義弟が数日前に、「巨大なスペアリブを買ったんで、食べませんか?」、と話しかけてきてくれました。
なんでも、特製のスパイスにつけ込むとのこと。
焼くのは自分の中華鍋で、と言っていたので、だったら私の作った窯で焼こうよ、と言うことになり、当日の夕方、持って来てくれました( ^o^)ノ。

なんでも、タマネギや果物、それに自分で調合したスパイス等に一晩浸けたようで、香りはカレーに近い感じです( ^o^)ノ。
塩抜きも兼ねて軽く水洗いをし、周りに着いた余分なスパイスを洗い流しました。

んで、七輪にオガ備長炭を熾しつつ、家の裏から私の手製の釜を持ってきました( ^o^)ノ。

これを息子と一緒に組み立てて、釜を作ります。


早速中を覗いていますが、まだ何も入っていないし(^^;。

上下にフックを付けた肉を持ってくると、その大きさに驚いたようですが、匂いを嗅いで「美味しそうかも…」と言っていました(^^;。

試しに息子に持たせてみたら、引きずらないように持ち上げるのが精一杯のようです(^^;。

さっそくこれを、釜の中に吊します。

蓋を閉めて、110度までしか測れない中途半端なデジタル温度計をセットして(^^;、準備完了です。


あとは30分ごとに様子を見ます。

30分が立って、中を覗いてみると、良い感じに火が通り始めています。

ひっくり返してさらに30分。

また30分が経って、中を見てみると、さらに良い感じで焼けています。

またひっくり返して30分(^^;。

日も暮れ始めましたが、ドンドン良い感じになっていきます( ^o^)ノ。

さらに数度、上下にひっくり返しながら焼くこと2時間半。


ようやく完成です( ^o^)ノ。

程なくして、義弟夫婦も取りに来ました。
焼きたてを渡して、我が家も食べることにします( ^o^)ノ。

骨に沿って1本づつ切り分けて、あとは手で頂きます!

思ったほど、キツくスパイスは効いてはいなくて、塩加減も少し薄めですが、普通に食べる分には十分です( ^o^)ノ。
ビールの相伴に預かるにはもう少し味が濃い方が良いのでしょうが、下戸な私としてはこれが最高でした(^^;。

お袋が食べていると、いつもおこぼれに預かれるモノだから味をしめた、我が家の愛猫のリンが興味津々に匂いを嗅ぎに来ました(^^;。


漬け込むのにタマネギを使っているので、猫には厳禁です。

散々くれくれとせがむのですが、叱って諦めさせました(^^;。

そんなわけで、いつもは焼豚を作るのに使っている釜ですが、初めてスペアリブを焼いてみた、そんな一コマでした…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.