松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

コンビニ『ポプラ』の想い出

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ:_ 多分、25年ぶりくらいに『ポプラ』に行って来ました( ^o^)ノ。

多分、25年ぶりくらいに『ポプラ』に行って来ました( ^o^)ノ。

コンビニの『ポプラ』って、ご存じですか?

私は千葉在住で、仕事場は殆ど東京と千葉です。
その環境下では、『ポプラ』というコンビニは、殆ど目にしません。
先ほど少しウィキペディアで調べてみたところ、西日本では結構メジャーなコンビニらしいのですが…。

実は、私にとっては、この『ポプラ』さんは、結構思い入れの深いコンビニだったりします(^^;。

私がまだ二十歳くらいの時、大学生でしたが、東京で今の生業に繋がるバイトを始めました。
その際、行く先々の現場のそばに、この『ポプラ』さんがあって、結構な頻度で利用させてもらっていました。

コンビニとしては極々普通のコンビニなのですが、なにが嬉しいって、お弁当が凄いんです( ^o^)ノ。

他のコンビニの弁当と違って、『ポプラ』さんのお弁当は、冷ケースに惣菜が詰まっただけのケースが並んでいるだけなんです。
この、ハンバーグだのレトルトのカレーだのが入ったケースを持って行くと、その場で炊飯器からご飯をよそって詰めてくれるんです( ^o^)ノ。

その時の量がまた凄くて、もう蓋が閉まらないほど詰めてくれました( ^o^)ノ。

当時は大学生で、胃袋の底に穴が開いているんじゃ無いか、とか、牛と一緒で、いくつも胃袋を持っているんじゃ無いか、と揶揄されるほどの大食いだった私は、このデカ盛りご飯のお弁当は本当に有り難かったです( ^o^)ノ。

特にカレーがお気に入りで、透明のレトルトパックされたカレーを、ご飯にドバァーっとかけて、一気に掻っ込んで…大体の場合、カレーが足りなくなるんですよ(^^;。

そんな思い入れの深いコンビニ『ポプラ』さんなんですが、個人的には三番町や東上野にあった店舗を利用させてもらっていました。

しかし、時の移り変わりとともに、1店、また1店と姿を消していき、ついには全く観なくなってしまいました…。

 


この日、季節外れの雪が降っていたのですが、偶然柏で『ポプラ』を見つけ、飛び込んでみました。
ガソリンスタンドに併設されているお店で、店内は少し暗く、あまり垢抜けていない印象でしたが、懐かしさも…あったのですが、正直って当時の雰囲気は全くありませんでした…。

なんと言っても、私の大好きだった弁当が、普通の弁当になっていました…。

う~ん…懐かしい想い出は、想い出のままだった方が良かったのでしょうか…。

なかなかアンニュイな気分になってしまった、そんな雪の日の一コマでした…。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.