松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「山椒まぜそば」食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200402090812j:image

普段、まぜそば系はほとんど食べない私なのですが、『覆麺』の「冷やしまぜそば」と「山椒まぜそば」に関してだけは、ちょっと別格です(^^;。

前者の「冷やしまぜそば」については先日も食べる機会があったので別にしますが、総じて普通のお店で食べる「まぜそば」と言うのは “塩っぱい” と言うイメージがあって、少々苦手でした(^^;。

『覆麺』で「悪い奴」を平気な顔をして食べる奴が、そんなことを言うのか?、と思われるかも知れませんが(^^;、やっぱり得手不得手と言うものでしょうか(^^;。

でも、この『覆麺』の「山椒まぜそば」に関して言えば、塩っぱさはそれほどでもなく、何より花椒の味噌がバッチリ効いています( ^o^)ノ。
ただ、痺れて味が分からなくほどではなく、程よく山椒の風味が楽しめる感じ。
痺れをメインに置いて、ガンガンとした花椒のスピリチュアル感を楽しみたい人には、全く物足りないものとなると思います…が、それでは純粋に『覆麺』の味が楽しめないので、そう言うのを求めている人には、ちょっと違うかも知れません(^^;。

とにかく、丼を受け取ったら、満遍なく、混ぜる・混ぜる・混ぜる( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200402090823j:image

あとはズルズルと、見た目も食べ方も美しくはありませんが(^^;、そういうのは置いておいて、とにかく味を楽しみます( ^o^)ノ。

そして、ある程度食べ進んだら、付属のスープを注いで、通常のラーメンのようにして頂きます( ^o^)ノ。

普段の『覆麺』のラーメンとはまた違った、「まぜそば」でしか食べられない美味さに出会えます( ^o^)ノ。

そんなわけで、やっぱりこの日も完食( ^o^)ノ。
当たり前と言っては当たり前なんですが、毎回毎回、本心から「ご馳走さま」を言えるお店って、凄いと思います(^^;。

「ご馳走さま」を恥ずかしがったり、バカにする人もいるようですが、私個人としては、「頂きます」も大事ですが、それ以上に「ご馳走さま」は大事だと思っています。

だからこの日も、「ご馳走さま」で、お店を出ることが出来ました( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.