松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 真鯛らーめん麺魚

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 神保町の『真鯛らーめん 麺魚』にて、「真鯛ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。 

f:id:GERO_Matsu:20200311233455j:image

 いつもだったらクルマを停めない場所にこの日に限ってクルマを停めて、いつもとは違う方向に歩いている途中、偶然、こちらのお店を見つけました。

f:id:GERO_Matsu:20200311233509j:image

 お店の外に、普通のラーメンでは嗅いだことない香りが漏れて来ていて、興味が湧き、ふらりと入ってみることに…。

 ちなみにこの日はすでに神保町の某お店でラーメンを完食済み(^^;。
 持病上本当はラーメンのハシゴなんてもっての他なんですが、夕食で帳尻を合わせようと考え、逃げ口実(^^;。

 と言うわけで入店(^^;。

 お店に入るとすぐ左手に食券機があり、名代の「真鯛ラーメン」はもちろんあるのですが、それ以外にも非常にメニューが豊富で、食欲をそそられる名前ばかりです( ^o^)ノ。

 ただ、この時は初めての訪問だったので、オーソドックスに「真鯛ラーメン」にする事にしました。

 食券を買ってお店の人に渡しつつ、「麺の量を少なくする事って出来ますか?」、と尋ねたら、「味が変わってしまうんで、麺の量を減らす事は出来ません。多すぎるようでしたら、構いませんので残して下さい」、と。

 …いや、多すぎるからじゃなくて…(^^;。
 って言うか、昭和40年世代に、「食事を残せ」、と言うのは、それこそ幼い頃からの躾の中で最も重大な部分に、背けと言われているわけで…(^^;。

 残すくらいなら最初から食べないし…とかって思いながら、後述、結局完食してしまったんですが(^^;。

 と言うわけで、鰻の寝床のように奥に細長い店内の、最奥部に通されて、席に着いてスマホを開きます。

 Yelpなどを見ようとしていると、すぐにラーメンが運ばれて来ました。

 見た目は、真っ白いスープに緑鮮やかな青菜、そしてスモーク鯛。

 食券を渡す際に、「スモーク焼豚とスモークした鯛の身を選べますが、どちらにされますか?」、と聞かれていて、焼豚はどこでも食べられるけどスモークした鯛はなかなか機会がないな、と思ってスモーク鯛を選択していました。

 それ以外には何もない、実にシンプルな風態のラーメンです。

f:id:GERO_Matsu:20200311233539j:image

 早速箸を取って食べて見ますが、ストレートの麺が歯応え良くて…なんて思ったのですが、次の瞬間、口の中に広がる鯛の風味に愕きました( ^o^)ノ。

 個人的に、スーパーで売っている鯛のアラを買って来て、潮汁をよく作るのですが、まさにあの鯛の味を、純粋に濃くした感じです。

 そして何より香ばしい( ^o^)ノ。
 鯛を黒く焦げ目がつくまでしっかりと焼いて、それで出汁をとっているのでしょうか。
これ以上は「焦げ臭い」、と思ってしまう、ギリギリのところを攻めている。それくらい強い香ばしさです( ^o^)ノ

 そして、スモークされた鯛が、また美味しい( ^o^)ノ。

 言ってしまえば燻製なのでしょうが、単純な燻製よりかはよりかはスモーキーで、またミュール液にはそれほど浸けていないのでしょうか。
ほんのりとした鯛自体の味わいにスープの味が絡んで、奥ゆかしい旨さにスモーキーさが個性を醸し出しています。
 また、鯛の身自体が半生で、表面は少しパサつき感がありますが、全体としてはしっとりとしています。

 さらに、このスモーク鯛の上に柚子が飾ってあって、これが良いアクセントなんですが、ちょっと個人的には柚子が少ないかな…思いました。

 生の柚子の千切りなどをもう少し多めに乗せてもらえれば、スープ全体に柚子の香りが回るのになぁ…と柚子が大好きな私は思いましたが、苦手な人もいるのでしょうね…。

 レンゲに乗せて別添えで出すとか…如何でしょう(^^;。

 この他には青菜しかし乗っていなくて、この潔さが逆に好感が持てるのですが、もう少し深掘りしていくと、「意識高い系を狙ってる?」、と嫌味に思えてしまう私は汚れているのかも知れません…(^^;。

 ちなみに、鯛の身のフレークも目立たないようで結構入っていて、鯛を前面に押し出している感を後押ししています。
 ただ、鯛でフレークを作ったことのある人なら分かると思うのですが、鯛って意外と骨が厄介なんですよ…(^^;。
 全体的に鯛の骨は硬いので、小さいカケラをほんのちょっと取り除き忘れても、口の中で「ガチっ」と硬い感触があってすぐに気がつきます。
 また、うちのカミさんのように魚の骨を極端に怖がる、嫌がる層はある程度の絶対数はいると思うので、人によってはマイナスイメージを持つ場合が多いのかな、とちょっと心配になりました(^^;。

 兎にも角にも、スープを魚介メインでとって動物系のは頼らないと言う、他とは一線を画したところが凄いと思います。

f:id:GERO_Matsu:20200311233556j:image

 それが「ラーメンとはこう言うもの」、と言う大きなイメージとはそぐわないので、これがラーメンを名乗るのは、ある種の新しいジャンルの草分けになるのかも知れません(^^;。

 一見すると「他にはない唯一無二」のラーメンと言うオリジナリティがあるので、ハマる人には大いにハマるのでしょうが、前述「ラーメンとはこう言うもの」と言うイメージで食べた人にはどうかなぁ、とも思います(^^;。

 かく言う私は、完食してしまいました( ^o^)ノ。

 兎にも角にも、ちょっと驚きが凄かったラーメンでした(^^;。

 是非、興味の湧かれた方は、ご自分のその舌で、体験してみて頂きたい、そう強く思ったラーメンでした( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.