松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

南柏 旨辛しびれ家

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

 南柏の『旨辛しびれ家』にて、「旨辛しびれラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

f:id:GERO_Matsu:20200308232851j:image

 辛いモノには比較的耐性があると自分では思っているのですが、あまり強くないのが「しびれ」の方です(^^;。

 以前、神田にある某有店で、辛さもしびれもMAXで頼んで壮絶に散った事がありまして…(^^;。

 そうは言っても、あのお店が特別なだけで、それほど凄いことはないだろう、と言う安易な考えのもと、名代である「旨辛しびれラーメン」を注文しました。

f:id:GERO_Matsu:20200308232913j:image

 少しして運ばれて来たラーメンは、巨大なチャーシューに、見た目ドロッとしたスープに黒い油が浮いた風体です。
箸 で麺をすくってみますが、中太のストレート 麺のようです。

f:id:GERO_Matsu:20200308232901j:image
 (ちなみに麺は細麺、中太麺、極太麺とあるようで、メニューより切り替えているようです)。

 そのまま口に運んで食べてみますが、思いの外辛さはキツくなく、またしびれもほとんどありません。
 肩透かしと言って仕舞えばそれまでですが、まぁ実際はこんなもんだよな、と思いつつ食べ進めます。

 ところが、付け合わせのもやしを食べた瞬間、状況は一変しました(^^;。
 なんと、もやしにたっぷりの花椒が絡めてあったんです(^^;。

 “あ、これは来るヤツだ…”

 と直感した瞬間、一気にしびれが口内を覆い始めました(^^;。

 ちなみに、この花椒、結構な量がまぶしてあるらしく、もやしがスープに浸かりだすと、スープ全体もしびれの様相を纏い始めます(^^;。

 とは言っても悶絶するほどではなく、しびれが驚きに変わって、受け付けなくなる直前の、絶妙な匙加減(^^;。
 もちろん個人差はあるのでしょうが、私は最後まで美味しく食べ切れる塩梅でした(^^;。

 ちなみに、チャーシューはとろけるようで絶品でした( ^o^)ノ。

 ただ、頂けないのが、この手のラーメンで私はよく出会(でくわ)すのですが、スープがぬるいんです…。

 コッテリ系のスープで、それがぬるいってどう言うことよ…って思うのですが、私は比較的よくスープのぬるいコッテリ系のラーメンに出会すので、コッテリ系のラーメンはスープがそれほど熱くないのがでデフォルトなんでしょうか…。

 だとしたら、私の不見識を詫びるほかないのですが、個人的には、ラーメンのスープはコッテリだとかあっさりだとか、そう言うこと以前に熱々であるべきだと思うのですが…。
 私の意見です(^^;。

 そんなわけで、スープがぬるいことにはちょっと残念でしたが、全体として美味しく食べることが出来ました( ^o^)ノ。

 尤も、人によっては、得手不得手はあると思います。

 特に、うちのカミさんを騙して食べに連れて行ったら、100%逆鱗に触れて、大変なことになること間違いありません(^^;。

 …それを承知で、食べさせてみたいなぁ…と私の耳元で囁く“悪魔”もいます(^^;。

 さて…どうしようかな(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.