松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

鶏もみじ出汁でラーメンを使ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

鶏の「もみじ」で出汁を取ってラーメンを作ってみました( ^o^)ノ。

鶏の「もみじ」ってナンジャラホイ?、と言う人もいるかと思いますが、知っている人なら知っている、知らない人は全く知らない、鶏の部位の名前で、足先の部分を言います。

見た目、と言うか形そのものは正に鶏の足で(当たり前ですが(^^;)、ニワトリの足をブツッと切っただけのモノです(^^;。
韓国では、これを味付けしてお酒の肴にしたりするそうですが、日本ではもっぱら鶏白湯スープの出汁に使ったりしています。

お値段は非常に安いのですが、実際に使うには下処理がそこそこ面倒で、まずは足先についている、爪を全部除去します。
ハサミで切ったり包丁で落としたり。
しかし、足1本につき、指が4本ありますので、これが何十本も足があると、その本数×4本の指の分の爪、となるので、単調な作業ではありますが結構手間です(^^;。
さらに、意外と皮が残っていたり、足の平の部分に汚れが付いてたりと、それらの除去もそれなりに面倒です。

そんなわけで、ようやく下処理が終わったら、一度これを湯がいてあくや臭みを抜きます。

そうして、ついにクズ野菜や生姜と一緒に込んでいき、出汁を取ります。
しかしコレがまた面倒で、本来であれば10時間以上煮込みます(^^;。

私は流石に面倒で、結果6時間ほどしか煮込みませんでしたが、それでもかなり大変でした(^^;。

と言うわけで、ラーメン作りです。

今回はちゃんぽんのように作りたかったので、豚バラ肉の他に大量のモヤシやニラ、キャベツやニンジンを大きな中華鍋で一気に炒めて、そこに苦労して作った鶏白湯スープを注ぎ、市販のタレも加えます。
湯がいた麺を入れて、スープを麺に吸わせたら、丼によそって完成です( ^o^)ノ。

ちゃんぽんというかタンメンというか、まぁ良く分かりませんが松本晃一オリジナルのラーメンと言うことで(^^;。

とりあえずは美味しく出来ましたし、家人もほぼほぼ完食してくれましたので、それはそれで良かったのですが、とにかく野菜の量が滅茶苦茶多いので、スープは軽く口にしただけで、かなりの部分が残されてしまいました…。

私の敬愛する神保町のラーメンの名店、『覆麺』の大将の名言である、「麺は残してもいい。俺が作ったんじゃない。でも、スープは残すな」、と言うのが、身に染みる瞬間です…(^^;。

ん~。
食べ終わった丼を台所に下げ、残ったスープを流しに流す瞬間…何とも言えない虚しさがあります…泣。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.