松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

銀座 萬福 「ワンタンメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

銀座の『萬福』にて、「ワンタンメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

先日、TV番組「マツコの知らない世界」で、再放送の編集版でしたが中華そばを特集している回があって、その際、こちら『萬福』さんを取り上げていました。

前から食べに行きたいなぁ…とは思っていたのですが、終ぞ忘れてしまっていました。
が、この日、ようやくお店の暖簾をくぐりました( ^o^)ノ。

 


近年移転したばかりということで、お店の中は比較的デザインが新しい感じの趣で、古き良き時代の中華料理店的なイメージを演出しているのが良く分かります(^^;。

この時はほぼ満席で、一番奥のテーブル席で相席が出来るとのことで、先客に挨拶してから座りました。

 


メニューを見ると、なかなかどれも美味しそうなのですが、今回は「中華そば」を…と思ったら私の大好きな「ワンタンメン」があるとのことで、急遽そちらに変更し、大盛りの「ワンタンメン」にしてもらいました( ^o^)ノ。

Yelpでチェックインなどをしていると、女性店員さんがラーメンを運んで来てくれました。

 


観ると、メンマの濃い茶色、真ん中のワンタンとナルトの白さ、向かいにチャーシューの薄い茶色。
緑鮮やかなほうれん草の向かいには黄色い卵焼き。
そして雷文も鮮やかな中華どんぶり。

何をとっても「中華そば」然としていて、食べなくても分かる “美味い” ヤツです( ^o^)ノ。

 


早速箸を取って食べてみると、黄色く、緩く縮れた細麺が艶やかで、食べてみると見た目以上に、驚くほどコシがあります( ^o^)ノ。
ゴムを想起させるほどしっかりとしたコシで、このコシをしっかり味わいながら食べるのであれば、伸びるよりも早く、大急ぎで食べなくてはいけないと思いました(^^;。

なので、ココは一気にガンガンと食べ進めます( ^o^)ノ。

兎に角脇目も振らずに食べ進め、気がついたらほぼほぼ完食していました(^^;。
最後の、黒く透き通ってたゆるスープを、グビグビと頂きます…。

醤油のコクが深く、そしてそのコクを裏打ちする鶏の旨味。
味付けはない、シンプルな薄焼き玉子焼き。
しっかりとした食感もありつつトゥルリとした食感もあるワンタンもなかなか美味しくて、日本人として、ラーメンに立ち返ると、こう言うラーメンに落ち着くのかな…と心底思いました(^^;。

こう言うのが、三食食べても飽きないラーメンと言うのでしょうか…。

折を見て、また再訪したいと思った、そんなお昼時でした…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.