松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

釣り竿を新調してみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

なんか勢いで270cmの釣り竿を買ってしまいました…(^^;。

もともと、私がナマズ釣りを始めたのは、今から10年以上前に、取手の利根川で同僚と一緒に遊びで鰻を釣っていたことに端を発します。
その時は、シーズンが終了したらだんだんと足が遠のいてしまい、いつの間にか竿をもどこかに行ってしまっていました。

その後、結婚して息子が出来て、その息子がNintendo Switchの「あつ森」で釣りを知り、リアルな釣りをしてみたい、と言う話しでナマズを釣りに行ったのが再開のきっかけでした。

ナマズを選択したというのも、道具が安かったからに他ありません。
竿とリールは三郷のDAISOで500円のセットを購入しました。
餌はドバミミズを採ってこようと思ったのですが、全く取れず、仕方なしに市販のナマズ用の餌を使いました。
釣具屋さんに行って、糸だけはPEをおごりました。
クーラーはメリカリを使って、大阪の方から極めて安く譲ってもらいました。

その他、仕掛けやメゴチばさみ、竿に付ける鈴等はネットを使ったり近所の上州屋に行ったり、結局トータルで1万円で十分お釣りが来る程度の予算で、揃えることが出来ました。

これで実際に何回か釣りに行ったのですが、実際に釣れるんですよ(^^;。

ただ、竿が150cm程度しかなく、遠くに飛ばすのがちょっと厳しい、と言うのがあって、元同僚から安い竿を教えてもらいました。
それは、「Point」という釣具屋さんで “BON CASTER” と言う竿が安く購入出来て、使いやすいですよ、と言うものでした。

早速ネットで調べたところ、楽天で購入出来るようです。
でも、お店を調べてみたら、なんと蘇我にお店があり、さらにそこは私が行っている現場のすぐ近くでした。

なので、実際に足を運んでみたのですが、1800円で240cmの竿が購入出来るようです。
それまではリールとセットで500円の竿を使っていたので、1800円という金額は、私にとって極めて高額だったのですが、何回かナマズ釣りを実際にやってみて、非常に面白かったので、ココは投資、と思って購入に踏み切りました。

ついでに、お店の人に勧めてもらった、丁度良いサイズの竿ケースも購入しました。

しかし、その後、ナマズに引っ張られて竿を川に流してしまい、再度購入し直すことに。

散財だなぁ…と思っていたのですが、ここ最近、釣りに行くと風に負けてしまって、釣りにならないことが多くありました。
もっと力のある竿で、もう少し遠くに飛ばしたいなぁ…と思い、この日、また蘇我の「Point」さんにほど近い物件に行く機会がありました。

昼休み、何気なくお店を見てみると、私が今使っている240cmより一回り長い、270cmの竿が1980円で売っているではありませんか…っ。

どうしようかなぁ…と、散々悩みました。
実は、私の持っている竿ケースは、240cmの竿にぴったり合わせたケースなので、もし270cmの竿を買うと、間違いなくケースも買い直しと言うことになります。

竿とケース…両方合わせると、4000円くらいになります…。

いや、普通に竿やケースを買ったら、数万円することもザラにあることは分かっています。
でも、私にとって4000円はなかなかの金額で、さらに言うと、道具を揃えたところで釣れるとは限りませんし、先日Twitterでルアーでのナマズ釣りも教えてもらって、機会があればそれも挑戦してみたいなぁ…と思っていたので、そっちに予算を…とかって考えていたのですが…。



結局ケースごと、購入してしまいました(^^;。

実際に以前使っていたケースと並べてみると、一回り以上大きくなっているのが分かります。
これならもっと長い竿でも収納出来そうです…。

そんなわけで、早くおニュー(死語)の竿をデビューさせたい、今日この頃です…(^^;。
…せめて、風が止んでいてくれればなぁ…と思います(^^;。

いや、マジで…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.