松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

酒々井 如月 「納豆おろし蕎麦」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

酒々井の『如月』にて、「納豆おろし蕎麦」を食べて来ました( ^o^)ノ。

久しぶり、約6ヶ月ぶりに「如月」に再訪( ^o^)ノ。
実は前日から、同僚(笑)と「明日は「如月」に行きましょう!」、と話していたので、もう最初からワクワクしながらお店に着きました(^^;。

ところが、お店に着いてみてビックリ。


結構広い駐車場に、クルマがほぼ満車。
どうにか私たちが停められる程度の空きスペースがあったので、そこになんとかクルマを停めて、驚きとともにお店に入りました(^^;。

するとどうでしょう。
駐車場が満車と言うことは、お店の中もほぼ満席です(^^;。

テーブル席に空きはなく、三組ある座敷席はうち二組が予約済みで、どうにか一組だけ空いていて、ラッキーなことにそこに座ることが出来ました(^^;。

早速メニューを見てみると、今の時期の「かわりそば」は茶そばとのこと。
ちなみに天ぷらは小鮎で、無性に食べたかったのですが、その小鮎の天ぷらは諦め、その分の予算を蕎麦に回しました(^^;。

と言うわけで、私は「納豆おろし蕎麦」と、「ざるそば」をチョイス。
一応、「納豆おろし蕎麦」を先に出してもらうことにしました。

 


待つこと暫し、運ばれて来たのは、挽き割り納豆と大根おろしの載った冷たいお蕎麦です( ^o^)ノ。
青菜と、カニカマが彩りが良いです。

これにツユを掛け回して頂きます( ^o^)ノ。

暑い時候には、こう言う冷たいお蕎麦が本当に美味しいですね( ^o^)ノ。
キュッとしたコシの蕎麦は、歯応えも嬉しくて、あっという間に完食してしまいました(^^;。

ツユを飲んでいると、店員さんが顔を出して、「ざるもお出しして良いですか?」、と。

お願いすると、すぐに「ざるそば」も持って来てくれました。

 


しっかりとした盛りの嬉しい二八蕎麦。
早速ツユを蕎麦猪口に移し、頂きます。

ツユも蕎麦も、基本的には先ほどのモノと同じですが、「ざるそば」だと、なぜか蕎麦を食べている感が、より一層増して、気が引き締まります(^^;。

ツユは少し甘口で、ちょっと薄め。
薄い、と言うか醤油が弱い、と言う感じでしょうか。
ドブ漬けで食べても問題なく、気取った感じのしない、本当に食べやすいお蕎麦です( ^o^)ノ。

こちらもあっという間に完食してしまい、あとはそば湯をジックリと頂きます。
私は、そば湯は蕎麦ツユで割らず、そのままの真っ白いのをフ~フ~しながら飲むのが好みです。
この日も、ふ~ふ~しながら、神林東吾を気取っていました(^^;。

そんなわけで、この日も大満足だったのですが、前々から、カミさんを連れてきたいなぁ…と思っているお店です。
終ぞその願いは叶っていませんが、いつかは…う~ん、いつになるでしょうねぇ…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.