松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

蚕チャレンジ 『実戦編』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

息子とカミさんを伴って、利根川でナマズ釣りをしてきました( ^o^)ノ。

約1ヶ月ぶりのナマズ釣りとあって、週初めからカミさんに伝えて、一緒に行こうという計画を立てていました。
一番恐れていたのは、季節柄の雨で、もし雨が降ったら素直に諦めるつもりではいました。

しかし神様はよくしてくれたもので、空に薄く雲はかかっていますが、概ね晴れと言っても良い天気。
そんな空模様の下、松戸を15時半頃に出て、利根川には17時頃に着きました。

日が長くなっていることを本当に実感するのはこう言う時で、年明けの頃は17時ともなると日は落ちて、ドンドン暗くなっていくような時間帯ですが、6月も後半となると、17時でもまだ十分に明るいです。

早速河辺で竿を伸ばしますが、ふと水面を見ると80cm以上の巨大なアメリカナマズが、悠々と泳いでいるではありませんか…。

しかも尾びれを水面に出して…なんか、映画『ジョーズ』のワンシーンのようです(^^;。
私は餌釣りなので狙うことが出来ませんが、ルアーやフライだったら狙えたんじゃないか…と、ちょっと悔しく思いました(^^;。

ちなみにこの日は少し川質が落ちているようで、水は茶色く濁り、ゴミも目立ちます。

 

そんなわけで、先日、自治会からもらって来た蚕のサナギを取り出します。
以前、自治会で育てていた蚕なのですが、繭を作ってくれたので、サナギそのものは申し訳ないのですがお役御免。
なので、私がもらって来て、これでナマズを釣ってみようと思い、煮殺して冷凍保存しておきました。

実際これでナマズが釣れるかどうか…この日は『蚕チャレンジ』の実践編となります( ^o^)ノ。

と言うわけで、実際に針に付け、竿を振ります。



約1時間もすると、流石に日も落ちてきて、辺りはかなり薄暗くなりました。

しかし、残念ながら、この時点まで、全くアタリがありませんでした…。
正確には、時折竿を上げてみると、餌の蚕が半分に食いちぎられていることもあったので、食べに来ているのは間違いないと思うのですが、残念ながら実際に針にかかる、と言うところまで行っていないようです。

時間的には19時になっていました。
我が家の場合、普段なら夕飯時です。
息子もお腹が減ってきたようなので、アルコールバーナーを取り出して、火をつけます。

この火を使って鍋で湯を沸かし、カップ焼きそばを作ります。

そんなことをしていると、完全に日も落ちてしまい、辺りは真っ暗。
頭に付けた懐中電灯を点灯して、その光を頼りにいろいろと作業をするのですが、なにやらやたらと虫が身体に当たります。

なんか今日は虫が多いなぁ…と思っていたら、虫はどうやら羽蟻のようです。
つまり、この付近で丁度この日、巣立ちがあったようです…。

あっという間に辺り一面虫だらけ。
身体と言わず道具と言わず、とにかくめったやたらと羽蟻が纏わり付きます。

息子もカミさんも、キャ~キャ~言いながら叩いて落とそうとするのですが、その手にも羽蟻が纏わり付きます。
カミさんが広げていたレジャーシートの上に羽蟻が無数に落ちて、息子のために用意したカップ焼きそばの中にも、結構な量の羽蟻が入ってしまいました…多分、相当食べちゃったろうなぁ…(^^;。

すると今度は、川岸を中心に、まぁ~魚が跳ねる跳ねる(^^;。
モジり状態というか、魚にとっては羽蟻の食べ放題状態です。
パチャパチャ、ジャバジャバ、水面が騒ぎます(^^;。

ちょっと離れた水面でも、巨大な魚影が跳ねまくり、あぁ、こりゃダメだ…と思っていたら、蚕のサナギではなく、1本だけ鶏のからあげを付けて投げておいた竿があったのですが、その竿にアタリが来ました。

やっぱ昆虫食より肉食…と言うナマズもいたのでしょう(^^;。
なんとか、この1匹を釣り上げることが出来ました。

暫くすると、多少羽蟻も落ちついてきて、カミさんもカップヌードルを食べることが出来ました。
私も、日清のぶっ込み飯を食べようとお湯を入れたところで、タイミング良く、今度はやたらと元気なナマズがヒット(^^;。

どうにかコイツを釣り上げて、遅めの夕食(^^;。

最終的には3匹のナマズを釣り上げることが出来ましたが、残念ながら全て鶏のからあげによる釣果。
蚕のサナギでは、結局1匹も釣り上げることが出来ませんでした。

水面付近で羽蟻が食べ放題な状況で、水の底に沈んだ蚕を食べようと思うのか…分かりませんが、もしかしたらその辺が原因で、釣れなかったのかも知れません。

残った蚕は持ち帰りましたし、まだ冷蔵庫にも蚕の在庫があります。

少し時間を空けて、再度挑戦してみたいと思います( ^o^)ノ。

とりあえず、今日は17時半頃から、21時頃まで頑張って、3匹という釣果になりました(^^;。
かなり少ないとは思うのですが、状況もあまり良くなかったので、次回こそ、利根川で快哉を叫びたいと思います…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.