松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

船橋 大輦 「ソースらーめん」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

船橋の『大輦』にて、「ソースらーめん」を食べて来ました( ^o^)ノ。

ちょっと前まで流行っていた、ご当地ラーメンブーム。
ブームに乗って慌てて作ったご当地ラーメンや、昔から地域限定で食べられていた変わり種ラーメンなどがありますが、この「ソースらーめん」は後者になります(^^;。

船橋では結構いろいろなお店で食べられていた時期もあったようですが、地域の再開発や店主の高齢化などのあおりを受けて、一軒、また一軒と提供するお店が減っていき、今では昔から「ソースらーめん」を提供していたお店は、本当に数件になってしまいました。
逆に、ブームの為もあって、新たに自主開発した「ソースらーめん」を提供するようになったお店もあって、結果として「ソースらーめん」自体は、船橋においては目にする機会は、比較的簡単になって来ました(^^;。

今回私が食べに行った『大輦』さんは、昔から「ソースらーめん」を提供していた老舗的なお店で、ある意味シーラカンスのような生き残り、と言っても良いかも知れません(^^;。

そんなわけで、船橋の駅前の大通りから、少し奥に入った喧噪も大人しく感じる場所にある、『大輦』さんにお邪魔してきました( ^o^)ノ。

お店に着くには、クルマで通れないわけではありませんが、ちょっと気をつけて運転するくらいには細い道を入っていく必要があります。
お店に駐車場はありませんが、すぐそばにコインパーキングが在りますので、そこにクルマを停めました。

お店に入ると、常連客と思しき人たちで賑わっていて、席が空いていなかったのでこの日は諦めるしかないかなぁ…と思ったら、お客さんが席を譲ってくれて、その方はカウンター席へ移り、私たちにテーブル席を空けてくれました。

御礼を言って席に着き、メニューを広げます。


この日、一緒に来ていたカミさんと息子もメニューを広げますが、二人とも、前以て「ソースらーめん」の美味しいお店だよ、と伝えていたにも関わらず、別のモノを頼もうとしています(^^;。
正直、「ソースらーめん」という語感に、既に眉をひそめる何かを感じ取っているようです(^^;。

結果、私が「ソースらーめん」、カミさんが「黒醤油ラーメン」、息子が「塩バターラーメン」にしました。

注文をして、息子と二人でポケモンGo!で暇を潰していると、私の「ソースらーめん」から運ばれて来ました。
そして、二人の分のラーメンも、次に運ばれて来ます。

まず、私の「ソースらーめん」ですが、これは一言で言ってしまうと、ラーメンになった焼きそばです(^^;。

具に関しても、キャベツにモヤシ、そして紅ショウガに青のり。
肉は豚バラ肉ではなく、挽肉が使われています。
淡い茶色のような見えるスープですが、実はこれ、少し乳化しているせいもあるのでしょうか。
実際には、ウスターソースを溶かし込んだ、正にウスターソース色です(^^;。

そして、実際に食べてみると、味わい的には焼きそばそのもの(^^;。


それでいてスープが豊かなラーメンなわけですから、少し脳がバグります。

食べ進めると、勢いよく啜るとウスターソースの酸味でむせてしまうかも知れませんが、不思議とその酸味、さらに甘みみたいなものも感じられ、妙に美味しく感じてしまうんです…(^^;。

もっとも、焼きそばが嫌い、と言う人はそうはいないと思いますので、まぁ、そう言うことだと思います(^^;。

カミさんの「黒醤油ラーメン」は、一見すると某けいすけのようなラーメンの出で立ち。


カミさんは竹岡式ラーメンに似ている、と言うことでしたが、なるほど、刻みタマネギがそう感じさせるのかも知れませんね。
追加でトッピングしたチャーシューが豪勢で、私には竹岡式ラーメンと言うよりは、東金の「ぐうらーめん」のように思えました( ^o^)ノ。

息子の「塩バターラーメン」は、まさに王道の塩バターラーメンと言った感じでバターの風味が普通より強く感じられ、自分で頼んでおきながら初めての感覚で、息子は盛大に戸惑っていました(^^;。

そんなわけで、皆一様にして完食し、お店を出ました。

ご当地ラーメンと言う割には、全国的、または船橋以外ではあまり知名度がない「ソースらーめん」ですが、奇抜な第一印象の割には、食べてしまえば普通に食べられてします、不思議な魅力のある美味しいラーメンです( ^o^)ノ。

機会のある方は、是非食べてみて欲しいと思います…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.