松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

船橋 ゆで太郎 蕎麦

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 船橋の『ゆで太郎 船橋南口店にて、蕎麦を、食べてきました( ^o^)ノ。

船橋の『ゆで太郎 船橋南口店』にて、「蕎麦」を食べてきました( ^o^)ノ。

私は、仕事の関係で、年の半分は夜勤です。
正確には半分と言うこともないのですが、とにかく夜勤の多い職種です。
特に私の場合、取引先の問題もあって、殊に夜勤が多いのですが、まぁこれでご飯を食べているので、仕方が無いですね…(^^;。

結婚して始めてカミさんが我が家に住んだ初日も、夜勤でした。
なんとも因果だなぁ…と思うのですが、カミさんには至極迷惑を掛けています(^^;。

とは言っても、前述の通り、これが私の飯の種ですので、なんとも言えないところ。
ちなみに、飯と言えば、仕事上がりは、とにかく妙にお腹が減るんですよね…。

と言うわけで、良く仕事上がりに立ち寄らせてもらっているのが、こちらの『ゆで太郎』さんになります( ^o^)ノ。
24時間営業の立ち食い蕎麦屋さんで、本当に助かっています!

メニューも豊富ですし、毎季に配られるサービス券は、大変重宝しています。
なにより、安くて、最高に美味しいんです( ^o^)ノ。

今回は、ここ二ヶ月ほどで食べた『ゆで太郎』のメニューを紹介しつつ、この美味しさを共有できればと思います( ^o^)ノ。

 

【ほぼ海老のみのかき揚げ蕎麦】

大ぶりの海老がゴロゴロと入ったかき揚げは、その海老のプリプリとした食感が最高です( ^o^)ノ。
サービス券を使って蕎麦は大盛に。
この熱々の蕎麦に、かき揚げをじゅっと浸して、その油を蕎麦つゆに移し、またかき揚げに蕎麦つゆを吸わせて…。

蕎麦と油の相性の良さに、舌鼓を打ちます( ^o^)ノ。

 

【ミニのり丼と冷そば】

蕎麦も美味しいですが、たまにはご飯も食べたくなります…( ^o^)ノ。
そんなときのミニ丼がこれ( ^o^)ノ。

竹輪の天ぷらに白身魚のフライの乗った海苔丼!
天ぷらが美味しいのは当然ですが、白身魚のフライがダークホース。カリッとじゅわっと、鱈の美味しさを再確認します( ^o^)ノ。

 

【舞茸天とわかめ蕎麦】

天ぷらのトッピングで気に入っているのが、この舞茸天です( ^o^)ノ。
サクサクの衣に香り高い舞茸は、滴るほどジュワッとジューシーで、舌を火傷せんばかりです( ^o^)ノ。

ワカメはサービス券にて。
サービスの割りにはしっかりと量のある、歯応えの良いワカメは最高です( ^o^)ノ。

 

【天中華に温泉玉子】

お蕎麦ばかりだと飽きも来ますが、このラーメンも特筆モノです( ^o^)ノ。
カツオぶりの香りも強く、かき揚げがなけなしの蕎麦屋感を演出します(^^;。

温泉玉子はサービス券にて。
トロリとした黄身に麺を絡めると、一層美味しくなります( ^o^)ノ。

 

【冷そばに温泉玉子、葱大盛】

「ゆで太郎」さんでは、葱を大盛りにしてもらえます( ^o^)ノ。
これ以上多くするには別料金になってしまいますが、サービス範囲のネギの量でも素晴らしい量です( ^o^)ノ。
ツユも多めに頂いてしまい、半分は葱とツユで。
もう半分は葱とツユに、更に温泉玉子を加えて頂きます( ^o^)ノ。

 

【半そばカレーセットにカレールーの追加。舞茸天も添えて】

これぞ夜中のテンションマックスの悪戯心( ^o^)ノ。
サービス券を使って、カレーセットに更にカレーを追加トッピング( ^o^)ノ。

ルーがだくだくのカレーライスに舌鼓を打ちながら、まさにこれそ “カレーは飲物” 状態(^^;。
付け合わせは舞茸天。
木に竹を接いだような取り合わせですが、これが美味しいんです(^^;。

 



 

今年は、まだ夜勤が続きます。
コロナ禍では、長くお店を閉じていた『ゆで太郎』さんですが、その間の無聊さは、改めてお店の重要さを、心底知る機会にもなりました…(^^;。

…これからも、末永く宜しくお願いいたします…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.