松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

船橋 まるは極 「濃厚白湯まぜそば」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 船橋の『まるは極』にて、「濃厚白湯まぜそば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

船橋の『まるは極』にて、「濃厚白湯まぜそば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

ここ最近、妙にドロドロのまぜそば系が気に入っている自分ですが、この日も同じくまぜそばを食べることになりました( ^o^)ノ。

 


実は、台湾まぜそばを食べたくて探していて、こちらにあるというネットの情報を見て伺ったのですが、情報が古かったせいかメニューにはありませんでした(^^;。

代わりに食べたのは「濃厚白湯まぜそば」になります( ^o^)ノ。

お昼時とあってお店は比較的混んでいましたが、運良く一番奥に空き席があり、すぐにそちらに通してもらえました。
女性の店員さんに食券を渡します。

「温泉玉子は載せますか? サービスライスはいりますか?」

と聞かれました。
もちろん、両方ともお願いしました( ^o^)ノ。

スマホを取り出して、Yelpでチェックイン報告をしようかなぁと言うと、すぐにサービスライスが運ばれて来ました。

 


…これ、サービスライスの量?、と思うくらいしっかりとしたご飯です(^^;。

そして、程なくしてまぜそばが運ばれて来ました。

 


平打ち麺に載った具材は、鶏の胸肉のレアチャーシュー、炙った豚バラチャーシュー、揚げ玉、揚げネギ、ニンニク、青ネギ、魚粉、そして海苔と温泉玉子です( ^o^)ノ。

 


早速ですが、箸とレンゲを使って、しっかりと混ぜていきます( ^o^)ノ。

まずは一口。
意外としっかりと味がする、と言うか、少し濃いくらいの味わいです。
鶏の白湯がガッツリと来る、味の濃い、塩っぱいドロドロ麺で、お冷やが欲しくなります(^^;。

しかし、二口目、三口目と食べ進めるウチに、ドンドン麺が胃袋に消えていきます(^^;。
気がついたら、ほぼほぼ完食し、タレだけが残っている状態です。

ここに先ほどのサービスライスを投入します。

 


これまたグチャグチャにかき混ぜて、ガブガブと頂きますが、先ほど、味が濃いと思っていたのですが、ご飯を投入すると、丁度良い塩梅になりました( ^o^)ノ。

と言うわけで、最後まで美味しく完食することが出来ました( ^o^)ノ。

本当は台湾まぜそばが食べたくて入ったお店でしたが、これはこれで美味しかったので、上機嫌で腹鼓。
クルマに戻って、午後の物件に移動しました…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.