松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋葉原 凱婷縁 「漢鐘離(かんしょうり)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『凱婷縁』にて、「漢鐘離(かんしょうり)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

久しぶりに秋葉原で『凱婷縁』さんにお邪魔してきました( ^o^)ノ。


入る直前まで何を食べようか迷っていたのですが、なんか気分的に、醤油拉麺にガッツリチャーシューが食べたいなぁ…と漠然と思っていて、そうなると「漢鐘離」かなぁ…と(^^;。

食券機の前に立ったとき、メニューボタンで「漢鐘離」が見つからなくて、思わずどれのことだろう…と考えてしまったのですが、下半分のスイッチに、「漢鐘離」がありました(^^;。

この日は珍しくお昼時にお店に行く事が出来まして、結構な人入り。
しかも、オペレーションが二人だったようで、正直、かなりてんてこ舞いなご様子(^^;。

時間をずらして来れば良かったかなぁ…と思いつつ、そうなるとまた『凱婷縁』に来られる日が遠くなってしまうので、まぁ…ナンというか…忙しい中ですが、黙って席で待つことに(^^;。

殊に『凱婷縁』さんはメニューが多い上に使い回しの効くような内容ではないので、お店にいるお客さんが全員で「ネオ、サービスご飯付きで!」とかって注文してくれればまだしも、みなさんテンでバラバラな注文をするのでしょうから、厨房は大忙しだと思います(^^;。

そんなわけで、少ししてから「あっさり醤油の『漢鐘離』で」、とオーダーが通りました(^^;。

んで、さらに少ししてから、私の『漢鐘離』が運ばれて来ました( ^o^)ノ。


正直、かなりお腹が減っていたので、写真を撮ったらすぐさまガツガツと食べてしまいました(^^;。
薄切りの半生叉焼が美味しくて、これを麺と絡ませて食べると最高に美味しいんです( ^o^)ノ。

アッサリとしたスープに絡みの良い細めのストレート麺。


ふすまも入ったような、ソバカスのある麺が良く合っていて、ツルツルと進んでします。

サービスライスをも頂いてしまったので、最後、スープにドボンして、ザブザブと完食しました( ^o^)ノ。

ちなみに、後から教えてもらったのですが(要するに食べている時は忙しくて全然気がつかなかった(^^;)、麺が変わったのだとか。
その名も「信長」!
なんでも、浅草開化楼さんの「天下人」という麺をアレンジしたもので、そこから「信長」と名付けたそうなのですが…。
八仙は12世紀には墓所の壁画や彫刻に刻まれており、その頃にはもう確立されていたそうですし、信長は16世紀の人…。
だとしたら…「頼朝」じゃね?、とかって思ってしまいましたが、その辺は屁理屈なので…(^^;。

兎にも角にも午後のお仕事がありますし、忙しそうですのでお話しもそこそこにご馳走様を伝えてお店を出ました。

…クルマに戻ってみると、何故か愛車のボンネットの上にBOSSの空き缶が置いてありました(^^;。
ちょっと見回して、目の届くところにサントリーの空き缶のゴミ箱がなかったので、そのまま車内のゴミ袋へ。

停めた場所が良くなかったのかなぁ…と思いつつ、折角美味しいラーメンを食べて心が豊かになったのに…と無念。
…個人的には、BOSSよりGEORGIA派なんですよね…地味にUCCも好きなんですが(WANDAが少し苦手です(^^;)…いやそうじゃないか(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.