松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋葉原 凱婷縁 「呂洞賓(りょどうひん)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『凱婷縁』にて、「呂洞賓」を食べて来ました( ^o^)ノ。

この日はちょっとした私用から、平日にも関わらず、一日お休みを頂きました。

午前中にその私用を済ませて、午後はクルマを出して秋葉原まで足を運びました。
そして、久しぶりに『凱婷縁』に顔を出すことが出来ました( ^o^)ノ。

ちょっと前から、ずっと食べたかった汁なし担々麺の「呂洞賓」。
意外なほどしっかりとした辛みがちょっと病み付きになっていて、ずっと考えていました(^^;。

午前中の用事を終えてからの秋葉原だったので、完全にお昼時を外しての訪問。
普通のお店なら休憩の時間帯なのですが、休憩時間のない『凱婷縁』は本当に助かります(^^;。
特に、私のように気ままな動きをしている者としては、マジに助かります(^^;。

そんなわけでこの日、久しぶりに私服の作務衣姿で『凱婷縁』にお邪魔しました(^^;。

前述の通り、お昼時を外したこともあってか、お店の中のお客さんは私一人。
すぐさま食券を購入して、「呂洞賓」をお願いします。

私のTwitterを見ていて下さったのか、料理長さんが、「あれ? 今日は…」と聞かれましたが、午前中に済ませたことを伝え、あとは「呂洞賓」を待つばかりです(^^;。

途中、色々教えてもらったりしながら、取り留めの無い話しをなどを交わします。

そして、ついに運ばれて来ました( ^o^)ノ。

しかも、料理長さんのご厚意で、とあるおまけまで頂いてしまいました…!

早速、「呂洞賓」に箸を付けます。
まずは、グッチャグッチャにかき混ぜて…。

程よく混ざったところで、漸く一口( ^o^)ノ。

甘みの強い、ゴロッとした肉味噌が、太くムチムチとした麺に絡みつつ、唇が盛大に汚れていきますが、そんなことは無視して食べ進めると、いつの間にか蓄積された辛みが、ブワッと破裂します(^^;。
このしっかりとした辛みがなかなかの曲者で、「うわっ、辛ッ」、となるのですが、程よきところで落ち着いて、また次の箸を進めてしまいます( ^o^)ノ。

付け合わせのキュウリや水菜が良い感じにサポートしてくれていて、またこの日のウーロン茶は、杏のような香りのする喉越しで、あまりに辛くなりすぎたところで一口飲むと、上手い具合に口内をリセットしてくれます( ^o^)ノ。

おまけで頂いたチャーシューも美味しくて、どうしても牛肉ばかり食べてしまいますが、良い感じに味の染みた鶏もなかなかです…多分、ウチのカミさんは鶏の方が好きだと思います(^^;。

麺が食べ終わったら、サービスライスを丼に落として、残った肉味噌を絡めながら頂くのは、行儀は良くないと思いますが、やっぱり美味しい食べ方だと思います( ^o^)ノ。

斯くして、久しぶりの『凱婷縁』で、ずっと食べたかった「呂洞賓」を、漸く心ゆくまで堪能することが出来ました( ^o^)ノ。



料理長さんとも話したのですが、低温調理の器具、欲しいなぁ…(^^;。
なんか、電子工作がてら、自分でも作れそうな気もするのですが、流石にここ最近、燻製釜や焼豚釜を連続して作ったので、もうカミさんも許してくれないだろうなぁ…と(^^;。

ん~。
取り敢えずは、焼豚を作って我慢します…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.