松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

秋葉原 凱婷縁 「冷やしらーめん」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

秋葉原の『凱婷縁』にて、「冷やしらーめん」を食べて来ました( ^o^)ノ。

久しぶりの『凱婷縁』、この日は何を食べようか…そんなことを思いながらお店に入りました。
いつも声を掛けてくれる店員さんに挨拶をしつつ、今日は何が良いかなぁ…と思いつつメニューを見てみると、なんと限定で「冷やしらーめん」なるものがあるようです( ^o^)ノ。

丁度、午前中に酷く汗を掻いていたので、冷たい食べ物は正にうってつけです!
しかもまだ残っているそうで、迷うこと無く冷やしラーメンをチョイスしました( ^o^)ノ。

食券を買って店員さんに渡しつつ、席に着くと、徐にホワイトボードの数字を書き換える店員さん。
う~ん…残り3食とのこと…ガチでギリギリだったんですね…(^^;。

そんなわけで、実際に目の前に差し出されたのは、ミョウガとネギが涼しげな、一見すると普通の醤油ラーメンです。
しかし、しっかりとスープも麺も冷たく締めてあり、低温調理の鶏胸肉チャーシューにちょこんと乗ったショウガが嬉しいです( ^o^)ノ。

星形み見えるのはオクラを輪切りにしたもので、ラーメンにオクラを合わせてくるのは、ちょっと意外でした( ^o^)ノ。

早速箸を取って食べてみますが、なかなかどうして、しっかりと油分もあって、アッサリ一辺倒、と言う感じではありません。
また、「冷やしらーめん」とありますが、麺もスープもキンキンに冷えているというわけでは無く、流水くらいの温度。
もっと気温が上がってきたのなら、それこそ過冷却か!?、と思うほど冷やしてくれている方が嬉しいかも知れませんが(^^;、言い方は妙ですが、”優しい冷たさ” の感じは、身体にも有り難いです( ^o^)ノ。

スープそのものは、鰹出汁の風味の強いスープですが、醤油のコクもしっかりとしていて、前述の通り、アッサリ一辺倒というわけではありません。
しっかりと食べ応えのある「冷やしらーめん」なのですが、どうしても冷たく喉越しの良い麺は、つるつると、いつも以上に失われていく速度が速いです(^^;。
個人的には、このメニューを頼むのであれば、大盛りにすることを強くオススメします(^^;。

「スープの味が濃いめになっていますので、もしスープを飲まれるのでしたら、スープ割りもご用意します」。

あらかじめそう伝えられていたので、 中身を全部食べ終えると、スープ割りをお願いしました。
すると、やはり冷やされた鰹出汁のスープが出されました。

個人的には、スープ割りをしなくても、十分美味しいスープだったので、そのまま飲んでしまうことも考えたのですが、スープ割りをしてみた場合の変化も知りたかったので、お願いしました。

結果として、これが意外なほど正解。
膨よかな香りがいっそう芽を出して、一気に「ラーメンの残りのスープ」感から、「逸品の冷製スープ」に代わってしまいました…( ^o^)ノ。

そんなわけで、久しぶりに訪れた『凱婷縁』で、いきなりヒットを引いてしまいました( ^o^)ノ。
う~ん…限定というのはちょっと寂しいですが、あまりラーメンに対して見識が広くないカミさんに、こう言うのもあるんだよ、と教えてあげたくなった、そんな美味しい「冷やしらーめん」でした…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.