松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺 「覆麺(醤油)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「覆麺(醤油)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

も~、ナンというか、兎に角食べに行きたい、タダその一心と言うか…早い話が禁断症状のようなモノで(^^;、本当に久しく『覆麺』に行く事が出来ず、この時は半分病んでいました(^^;。

何が食べたい、と言うのも特になくて、兎に角「覆麺」が食べたいなぁ…とずっと思っていて、ちなみにこの日は牛テール出汁の日だったのですが、もし行けたら牛テールじゃ無くて「覆麺」にしよう、とずっと思っていました。

良くしたモノで、いろんな偶然が重なって、ようやく『覆麺』に行けることが出来たのですが、実際にお店に入ってみると、牛テール出汁は売り切れになっていました(^^;。


尤も、前述の通り、最初から「覆麺」を食べるつもりで居たので、それ自体は全然悔しくなかったのですが、それでもやっぱりちょっと、” …売り切れちゃってたなぁ… ” 、と言う、後ろ髪を引かれるような気持ちがあったのも、事実です(^^;。

少し並んで、すぐに店内に入れたのですが、隣の人が醤油を食べていて、いつも「覆麺」は塩を食べることは多い私ですが、大将が「今日は塩?」、と声を掛けてきたのに対して、思わず、「今日は醤油でお願いします」、と言ってしまい、勝手に口から言葉が出たのに自分でも驚いてしましました(^^;。

ちなみに、油が、鶏油と、カマスの脂があるらしく、ここはちょっと傾いてカマス油をチョイス(^^;。

丁度釜の湯を交換するタイミングで、綺麗な湯で茹でた麺で作ってもらえました( ^o^)ノ。

すぐにラーメンが出来上がって、受け取ってすぐに箸をつけましたが、醤油の甘みとコクを纏ったスープは、これぞ『覆麺』の真骨頂と呼べる出来です( ^o^)ノ。
その上で、フワッと香る魚の風味は、カマス油によるものでしょうか。

兎に角一心不乱に食べ続け、あっという間に完食と相成りました(^^;。



ちょっと長く『覆麺』に行く事が出来ませんでしたが、なんか漸く最近、厨房の左側に花木さんが居ないのになれてきたような気がします。
中野のお店で、今、花木さんも厨房に立ってお客さんにラーメンを作っているんだろうなぁ…と思いつつ、水のデキャンタに水を差す、大将の妹さんの後ろ姿を、なんとなく見ていました。

なにとはなしに、花木さんのワンタンが食べたいなぁ…と思いましたが、私にとって、中野は非常に遠い場所で、なかなか行く機会がありません。

またいつか、上手いこと神様の機嫌が良ければ、行く事もあるだろうな、と思いつつ、やっぱり私のホームグラウンドは神保町なんだなぁ…と、改めて実感しました。

…願わくば、この美味しさを、早く息子と共有出来る日が来て欲しいです…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.