松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺 「覆麺(醤油)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「覆麺(醤油)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

先日、売り切れで食べられなかったことの無念さが、ずっと心の底の方に澱のように溜まっていて、どうにも我慢出来なくて、また神保町に向かいました( ^o^)ノ。

本音を言ってしまうと、本当に久しぶりだったので、スペシャルもいいのですが、極々ノーマルな、「覆麺」が食べたいなぁ…と思っていたので、着いてみたらラッキーでした。
なんとこの日は「覆麺」オンリー( ^o^)ノ。

そこで、さらに塩にしようか醤油にしようか悩んだのですが、いつも好きで塩を食べているので、偶には醤油を…と思い、大将に「今日は醤油でお願いします」、と伝えました。

この日も金子さんと2オペで厨房を仕切る大将。

いつものように丼にタレを注いだら、フレーク肉をポロポロと入れて、黄金色に透き通るスープを網越しに注ぎます。
んで、ちゅ~と油を加えてスープは準備OK。

大釜のタボに麺をポンポンと放り込んで、ジャジャジャッとかき混ぜたら、あっという間に釜から上げて、ザッザッと2回ほど湯切り。
んで、スープの張られた丼にそ~っと移したら、箸で麺を持ち上げて整えます。
麺をたゆらせるようにスープに寝かせたら、金子さんが先に切っておいたチャーシューを。
んで、メンマ、ネギを乗せて、トッピングの青唐辛子をチャッと乗せたら完成です( ^o^)ノ。

差しだされた丼を両手で受け取って、久しぶりに観る醤油の「覆麺」とご対面( ^o^)ノ。


如何にも、”The 醤油” と言う感じの出で立ちですが、仄かに立ち上る「覆麺」の香りが食欲をそそります。

急いで写真を撮ったら、あとはもう食べるだけです( ^o^)ノ。

黄色い麺をすくい上げて、口に運び…。

久しぶりの醤油の強いコク。
塩にはない、醤油独特の香ばしさというか、醤油の味に鶏の味が乗ってくると言うか、複雑に醤油と絡み合います( ^o^)ノ。

んで、それが、細く縮れたコシの強い麺に抜群に合うんです…!!!

お冷やでなんども口をリセットしながら、気がつけば完食…。
今日は特別にお腹が減っていたわけではないのですが、「覆麺」自体に飢えていて、食べ終わってからも…なんかかこう、もう少し食べたいなぁ…と言う気持ちがなかなか消えませんでした…。
う~ん…こんなことになるのなら、初めての白丼にチャレンジするべきだったかも知れません…(^^;。

まぁ、後悔先に立たずと言うか…。
後ろ髪を引かれる思いでご馳走様を伝え、お店を出ました。

う~ん…やっぱり、初めての白丼にチャレンジするべきだったかも知れません…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.