松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺 「覆麺(塩)」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「覆麺(塩)」を食べて来ました( ^o^)ノ。

私が『覆麺』を知ったのは、かれこれ両手の指では数え切れないくらい前の年ですが、その頃はまだ、足繁く通う、と言うほどのファンにはなっていませんでした。
この、「覆麺(塩)」を食べて、一気に大ファンになった次第です(^^;。

「覆麺(塩)」は、俗に言うところの塩ラーメンのことで、『覆麺』を『覆麺』たらしめる、特徴的な出汁を、純粋に楽しめるラーメンだと思っています( ^o^)ノ。

ちなみに、「覆麺」はこれまでも何度かバージョンアップして来ていて、また週の曜日によって少しずつ出汁の具材も代わります。
牛骨を使った日、豚骨も使った日、乾物が多い日…。
曜日によって、味が絶妙に変わるのが「覆麺」の面白いところですが、これがさらに塩だと、その特徴がより際立って分かります( ^o^)ノ。

ちなみに、殆ど毎日、曜日によってスペシャルなラーメンがあるので、いつもはそのスペシャルを食べてしまうのですが、この日はそのスペシャルよりも、どうしても普通の「覆麺」が食べたくなってしまい、スペシャルを蹴って「覆麺(塩)」にしました。

食券を購入して、大将に渡す際、「塩でお願いします」、と伝えましたが、よくよく考えてみたら、醤油で食べたのはいつだったか、覚えていないほど、「覆麺」を食べる時は殆ど塩でした(^^;。
ちなみに今回は加えませんでしたが、別途有料で大葉をトッピングすることが出来るのですが、これが絶妙に合うんです( ^o^)ノ。
ずっと悩んでしまいましたが、この日は初心に返るつもりで、大葉は取りやめにしました(^^;。

程なくして大将から差し出されたのは、カイワレダイコンがたっぷりと乗った、黄色いスープのラーメンです( ^o^)ノ。

早速箸を取って食べるのですが、この安心する味に…何とも言えない、美味さ以上のモノを感じてしまいます( ^o^)ノ。

スープの熱でトロトロになったチャーシューで、麺を巻いて食べるのが好きなので、この日もそうしようと思ってチャーシューをはして掴もうとしたら、思いの外ボリュ-ムがあって「???」となりました。
結論から言うと、丁度チャーシューの端の部分になったようで、薄く切ることなく、端の部分が丸ごと入っていました…俗に言うところの “大当たり” です( ^o^)ノ。

ガツガツ食べるに最高です( ^o^)ノ。

そんなこんなで、この日もあっという間に完食。
既に私の後ろにも人が並んでいたので、大将にご馳走様を伝えて、サッとお店を後にしました。

ん~、この日も美味しかったです…( ^o^)ノ。
やっぱり、自分は塩好きなんだなぁ…と、つくづく実感した、そんな日でした…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.