松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

神保町 覆麺 「ノドグロ出汁の悪い奴」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

神保町の『覆麺』にて、「ノドグロ出汁の悪い奴」を食べて来ました( ^o^)ノ。

今月に入って、なかなか食べに行く事が出来なかった『覆麺』…。
少々禁断症状が出て来た頃、ようやくこの日、行く事が出来ました( ^o^)ノ。
しかも「悪い奴」の日と来れば、これはもう五臓六腑に染み渡ること間違いなしっ( ^o^)ノ。

多少並んで居ても、絶対に食べるぞ…と固く心に決め、お店に向かいました(^^;。

実際に付いてみると、そこそこ並んでいましたが、これまでの経験則から、10~15分も並べば食べられるなぁ…と思い、クルマをパーキングメーターに停め、いそいそとお店に向かいました。

食券を購入して、いつものように脇の小路に並びますが、この日は、屋外席で白米を売っている方が居ました。
200円でミルキーホワイトが一膳とのことだったので、迷うことなく購入(^^;。
お店に入った時に持って来てもらえるとのことで、取り敢えず支払いだけして、また列に並びます。
恥ずかしながらミルキーホワイトってどんなお米、どんなご飯になるのか良く分からなかったので、これはこれで楽しみでした( ^o^)ノ。

その後、10分ほどで店内に入ることが出来、食券を大将に渡しつつ、席に着きます。

いつものように手際よくラーメンを仕上げていく様を眺めながら、その脇から先ほどのご飯が差し出されました( ^o^)ノ。

ご飯を受け取り、後から大将からラーメンも受け取り、さぁ実食です( ^o^)ノ。

ちなみにこの日はノドグロの出汁だとか。


ノドグロというと、アカムツとも呼ばれている口の中が真っ黒な金目鯛に似た高級魚、と言うイメージがありますが、私はウミタナゴくらいの大きさのヤツしか食べたことがありません(^^;。

ちゃんとしたノドグロを食べてみたいなぁ…と思いつつ、まずは一口。

いつものように、クンッと鼻に抜ける強い醤油のコクが来て、その後からじゅわぁ~っと魚の旨味が口内に広がっていきます( ^o^)ノ。
後はもう、手が止まらぬとはこのことで、ガンガン食べ進めてしまいました(^^;。

最後にチャーシューを一枚残しておいて、これでご飯を一口…。
モッチリ感の強い甘味のあるご飯で、一口食べてから、ご飯をそのままスープへドボン…行儀が悪いかも知れませんが、最高に美味しい〆方だと思います( ^o^)ノ。

と言うわけで、最後の一滴、最後の一粒まで美味しく完食し、大将にご馳走様を伝えてお店を出ました。

ご飯を売っていた方に、ミルキーホワイトについて聞いてみたところ、やっぱりモッチリ感が売りで、冷めても美味しいのが特徴なんだとか。
なるほど、それは確かに…と思いつつ、ご馳走様を伝えてクルマに戻りました。

ん~、ラーメンとご飯…お腹いっぱい食べたハズなんですが…でも、まだもう少し食べたいと思ってしまうのは、やっぱりこれが『覆麺』の魅力であり魔力なんでしょうか…(^^;。

…来年の健康診断の前、2ヶ月くらいは『覆麺』断ちしないと駄目かなぁ…。

そんなことをも思いつつ、クルマを千葉に向けて走らせました…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.