松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

燻製挽肉でハンバーグ作り

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

先日作った挽肉の燻製で、ハンバーグを作ってみました( ^o^)ノ。

実のところ、挽肉を燻製にしてみようと思ったのは、松戸の某「フライングピッグ」にてハンバーグを食べたからでした。
薫香のするハンバーグがあまりにも美味しくて、自分でもやってみたくなったからなんです。

そこで、松戸のロピアで、粗挽きの挽肉を購入。
それを燻製にしてみました。

この燻製挽肉だけでハンバーグを作るのは不可能ですし、何より薫香が強すぎて…といのもあって、別途挽肉を購入。
その挽肉に、燻製挽肉を加えるカタチで、燻製ハンバーグを作りました。

ハンバーグ自体は、実にオーソドックスな作り方で、挽肉にパン粉、牛乳、全卵、それに塩胡椒とナツメグなどを加えてよく捏ねたら、冷蔵庫で一度寝かし、十分に冷やしてから成形。
フライパンで焼き上げていきます。

ソースはタマネギのみじん切りを、市販のハンバーグソースに加えて、少しだけオリジナル感を出しました(^^;。

燻製の挽肉に、新たな挽肉を加えた結果、結構な量のハンバーグのタネになってしまいました(^^;。
息子のお弁当用に少し残しておきましたが、それでも結構な量です(^^;。

多分、全体で1000g、カミさんと私二人で300g×2個分くらいはあったかも知れません…(^^;。

カミさんが予め、人参でグラッセを作っておいてくれたので、それを箸休めにしながら、なんとか食べきることが出来ました(^^;。


感想はと言うと、美味しいは美味しいのですが、どうにも焼き締まったよう感じで、あまりジューシーさがありません。
ギュッと焼き固めたような感じです(^^;。
こんなことなら、煮込みハンバーグにすれば良かったかなぁ…なんて思ってしまいました(^^;。

…う~ん、薫香もちょっと中途半端でしたし、次の糧としたいと思います…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.