松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

焼き芋 リベンジ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

一斗缶焼き芋のリベンジをしてみました( ^o^)ノ。

先日、一斗缶を改造して、焼き芋用の釜を作ってみたのですが、結論から言うと大失敗。

まず、砂利を洗った際の水分が上手く蒸発せず、温度が上がらなかったこと。
そして、温度が上がっても水蒸気が釜の中に充満していて、焼く、と言うより蒸し焼きになってしまったこと。
焼く時間が良く分からなくて、手探りだったこと。

等などの問題があり、結果として食べられる程度に火は通りましたが、食感はゴリゴリのボソボソ。
トロ感など全くなく、芋自体もほんのり甘い程度…。

これ以上の失敗はないよなぁ…と思うほどの大失敗となりました…。

なので、今回は砂利を完全に乾燥させ、さらに予めチンチンに予熱をし、芋自体も火が通りやすいように、比較的小さな物に変えました( ^o^)ノ。

そんなわけで、早速始めます( ^o^)ノ。

まずは、また卓上コンロを庭に持ち出して、30分ほど一斗缶の砂利を温めます。
そこに芋を放り込んで、このまま1時間ほど放置( ^o^)ノ。


1時間ほどしてから庭に出てみると、なんと焼き芋の甘い匂いがするじゃ有りませんか…( ^o^)ノ。

ちょっとワクワクしながら缶の蓋を開けると、蜜が滲み出している芋が…( ^o^)ノ。

ただ、まだまだ固い状態のなので、ひっくり返してさらに20分ほど焼いてみました。
…この時、熱々の蜜が指について、水ぶくれを伴う火傷をしてしまったのは内緒です…(^^;。

30分ほどして蓋を開けてみると、さらに強い焼き芋の香りが立ち上りました( ^o^)ノ。

これは上手く行った…と思い、取り出しました。


じゅくじゅくと、余熱で蜜がにじみ出ます。
成功を確信して割ってみますが…。

ん~。
前回の焼き芋と比べれば雲泥の差ですが、それでも出来としてはまだまだで…(^^;。

一部、トロトロになっている部分もあったのですが、全体としては、まだまだ固いんです…。
熱の通りが悪いのか…。

逆に、予熱をしないで、じっくりと温度を上げた方が良いのかなぁ…とも思います。
また、正直言って砂利の量が多いのかも知れません…もう少し減らしてみようかな、とも思います。

また、一斗缶では容積が大きくて、卓上コンロを1台では全体を熱することが出来ないのかも知れません。

う~ん…どうしようかなぁ…と思っていたところ、息子が「土鍋じゃ駄目?」、と言って来ました。

実は一斗缶を使う前に、土鍋を使うことも考えたのですが、土鍋を焼き芋のために空焼きする勇気が無くて、ちょっと二の足を踏んでいました…。

しかし、なんと今回、土鍋を入手することが出来ました…( ^o^)ノ。

なので、次回のさらなるリベンジでは、その土鍋を使って焼き芋をやってみたいと思います…。

とりあえずは、とぅ~び~こんてにゅ~です(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.