松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

江戸川区中葛西 麺家大勝軒 「ネギらーめん」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 江戸川区中葛西の『麺家 大勝軒』にて、「ネギらーめん」を食べて来ました( ^o^)ノ。

江戸川区中葛西の『麺家 大勝軒』にて、「ネギらーめん」を食べて来ました( ^o^)ノ。

“大勝軒”とは名乗っているものの、俗に言うところの”池袋 大勝軒”とはまた違った大勝軒です( ^o^)ノ。
カツオと煮干しの和風出汁で食べさせるところは池袋のそれですが、それ以外は、まるで違います。

麺も、スープも、具材も…全く別の大勝軒です。


と言うわけで、ほぼ10年ぶりくらいに再訪。
ちょっと気になっていた「ネギらーめん」がまだあったので、今回は是非それを食べてみようと思いました( ^o^)ノ。

以前、同僚とこちらのお店にお邪魔した際、同僚が「ネギらーめん」を頼んで、その葱が非常に美味しそうだったのを覚えています。
また、そのネギの量が凄かったらしく、「葱、1本くらいは使っているんじゃね?」、とのことでした。
さすがにそれはないだろう、と思っていたのですが、そう思ってしまうほどの葱が乗っているのだと知りました。

そんなわけでずっと興味があったので、この日、チャレンジしてみた次第です( ^o^)ノ。

 


いつものようにスマホで時間を潰していると、カウンター越しでは無く、きちんと後ろからラーメンが運ばれて来ました。

 


一見すると白髪葱とチャーシューの載った大人しそうなラーメン、と言う感じなのですが、早速箸を取って食べてみると、凡百のネギラーメンとは一線を画す勢いを知ることが出来ます( ^o^)ノ。

きちんと味付けされた白髪葱は、辛味をしっかりと抜いてあり、ザブザブ食べてもツンッと来る辛さがあまりありません。
それよりも、ゴッソリと乗った大量の葱が、何を食べるにも纏わり付いてきます。

 

と言うか麺を食べるとき、葱と一緒に食べると、美味いんです( ^o^)ノ。
チャーシューを食べるとき、葱と一緒に食べると、美味いんです( ^o^)ノ( ^o^)ノ。
海苔を食べるとき、麺を巻いて葱と一緒に食べると、美味いんです( ^o^)ノ( ^o^)ノ( ^o^)ノ。

なにをするにも葱が口に一緒に入ってくるのですが、この葱がワザモノ過ぎて、大変美味しく食べさせてくれます。

スープは淡麗な煮干しとカツオのスープで、少し味が薄めに感じるかも知れません。
しかし、少し細めでしっかりとしたコシのある麺には、サラリと絡んで次の一口が我慢出来なくなるように矢継ぎ早に箸が進みます( ^o^)ノ。

そんなわけで、あっという間に完食していました…(^^;。
ん~、もう少しゆっくり食べるつもりだったんですが…(^^;。

ところで、ラーメンを食べている間、ずっとカウンター向こうの厨房から、ザクザクザクザクッと言う音が絶え間なく聞こえてきました。
結論から言うと、ずっと葱を切っていたそうです(^^;。
機械は使わないんですか?、と尋ねたら、困ったように笑い、「機械もあるようですが、ウチは手で切っています」、とのこと。

確かに「ネギらーめん」、毎日どれくらいの白髪葱が必要なのかは分かりませんが、頭の下がる思いがしました…(^^;。
うん、そのおかげで、美味しい「ネギらーめん」を食べることが出来ました…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.