松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

横浜 元祖ニュータンタンメン本舗 「タンタンメン(中辛) with ライス」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

横浜の『元祖ニュータンタンメン本舗 横浜店』にて、「タンタンメン(中辛) with ライス」を食べて来ました( ^o^)ノ。

横浜での物件二日目。
お昼をどこで食べようか思案していましたが、先日TVで観た『元祖ニュータンタンメン本舗』を思い出し、神奈川にいるのなら、きっと自分のいる場所の近くにもお店があるかも知れない…と思ってスマホで検索したら、ありました(^^;。

そんなわけで、お店の開店を待って突撃です( ^o^)ノ。

お店に着き、ちょっと重めのドアを開けて中に入ると、ぶわっとニンニクの香りが店内に満ちています(^^;。
何を食べようか考えたのですが、ここはやっぱりオーソドックスに攻めようと思い、普通に「タンタンメン」を。


辛さは一番人気という「中辛」を選択し、ライスもお願いしました。

Yelpでチェックイン報告をしながら待つと、意外と早く丼がカウンターの向こうから差しだされました。


観ると、真っ赤なスープに溶き卵が大量に浮いているような姿で、他には特に見える物は無く、ある意味シンプル、悪く言うと肩透かしな感じです(^^;。

と言うわけで実際に箸を取って食べてみると、最初に塩味のバシッとしたうま味が来て、その後にニンニクの香りが一気に鼻から抜けていきます( ^o^)ノ。

麺は少し太めのストレート麺で、もちもち感もあるのですが、意外なほど柔らかい印象です。


ただ、あまり小麦粉の感じはせず、麺としての味はそれほどありません。
麺自体も、少し透明がかっていて、この感じは、酒精で練っているのでしょうか。

何より凄いのがニンニクで、ゴロッとしたニンニクが、そこかしこに浮かんで(沈んでも)います(^^;。
見た目は辛そうですが実際のトコロは大したことはなく、私は辛さには強い方だと思いますが、掛け値無しの正直な話し、全く辛くありませんでした。

前述の通り、見た目に怯む部分はありますが、入っている唐辛子にしても、見た目重視の赤い皮の部分ばかりで、本当に辛みのある部分はそれほど入っていないのかも知れません。
口の中に残るほどの粗挽き一味唐辛子ですが、これならうちの息子でも大丈夫なんじゃないかと思うくらいです。
次に食べる時は、最上位の「めちゃ辛」にしてみようかと思います(^^;。

スープ自体も、非常にアッサリとしていて、うま味そのものは相当強いように思うのですが、正直って、深みと言うか厚みはそれほどありません。
多種多様、大量の具材を使ってスープを作っている、と言うよりかは、アッサリとシンプルにスープを作って、ニンニクの風味と別の方法でうま味にブーストをかけているように思えました。

それだけに、兎に角、ひたすらジャンキーで、これ以上無いくらい下品な美味さだと思いました( ^o^)ノ。

そして、麺を食べ終わったら、別に注文しておいたご飯を投入。


これまためっちゃ巨大なレンゲでかき混ぜながら、おじやのようにして頂きます…( ^o^)ノ。
これがまた滅法美味いんです!

正直、ご飯はベシャっていて、このご飯をベースにしてチャーハンを作っているのだとしたら、チャーハンは食べない方が良いかなぁ…とも思うのですが、おじやにするには十分です( ^o^)ノ。

とまぁそんなわけで、久しぶりに「ニュータンタンメン本舗」に来ましたが、十二分に満足いくお昼でした( ^o^)ノ。

横浜の物件は、まだ少しかかります。
…また食べに来ようかなぁ…と、そう思った次第です…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.