松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

柏 珍來 「もやしラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

柏の『珍來』にて、「もやしラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

『珍來』は、千葉県内にも多数店舗を持つ、昔ながらのラーメンが美味しいチェーン店なのですが、柏市内(ぴょびその近隣)のお店は、サッカーチームの柏レイソルズとタイアップして、チームカラーの黄色をイメージしたカレーラーメンを提供しています。

そのカレーラーメンが美味しくて、毎回必ず機会があれば食べていたのですが、この日は徹夜明けでそのまま昼の仕事だったため、ちょっと体調が思わしくなく、スパイスの効いたカレーは胃に怖かったんです(^^;。

そこで、『珍來』では名代の「もやしラーメン」にしました(^^;。

「もやしラーメン」というと、モヤシを炒めたモノに餡かけがかかっていることが多いのですが、こちら『珍來』の「もやしラーメン」はとろみなし。
なので、いつまでも熱々じゃないのが有りたいんです(^^;。
人によってはあのとろみがあっての「もやしラーメン」と思う人も多いかと思いますが、とろみのない「もやしラーメン」も美味しいです( ^o^)ノ。

実際に運ばれて来た「もやしラーメン」を観てみると、もやしの他にニラ、ニンジン、竹の子、キクラゲ、豚肉と、意外なほど具材がしっかりしたもやし炒めが載っています。


個人的にはキクラゲが大好きなので、もっと載っていると嬉しいのですが、まぁこの辺は常識の範囲内と言うことで(^^;。

実際に食べてみると、縮れのかかった黄色い麺で、表情の食感も “The ラーメン” と言った麺で、程よいコシも可も無くも不可も無く、と言った王道です(^^;。

特筆はこのスープで、スッキリとしつつ後味のある醤油スープに、モヤシ炒めの油が溶け込んで、さらに具材全体の旨味が、甘味となってスープ煮ほどよく溶け込んで、非常に丸く甘いスープに変じています( ^o^)ノ。

この味わいは、モヤシ以外のいろんな具材を使って、しっかりと味をスープに移したからこそ出る味で、複雑な旨味がスープを最後の一滴までいにおとす、不思議な魅力を持っています( ^o^)ノ。

実際、私も食べるまでちょっと胃の調子が心配だったのですが、食べてみると美味しさに胃袋が応えてくれました(^^;。

完食すると、丼の底に、何か文字が書いている有るようです。

経年のせいか、少し文字が擦れていますが、よく見ると

” 完食ありがとうございます。 ”

とありました。
一文として句読点までしっかりと書かれているのが律儀に思えますが(^^;、こう言うのって、ちょっと嬉しくなってしまいます( ^o^)ノ。

斯くして、満足の腹鼓を打ちつつお店を後にしました( ^o^)ノ。
安心して入れるチェーン店、そんな『珍來』は本当に有り難い存在です( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.