松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸 兎に角 「油そば」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 松戸の『兎に角』にて、「油そば」を食べてきました( ^o^)ノ

(※当初のミスにより、「油そば」を「まぜそば」と読み上げています(^^;)。

 

松戸の『兎に角』にて、「油そば」を食べてきました( ^o^)ノ。

私は普段、味の濃いまぜそばはとにかく苦手で、食べないことはないのですが、本当に気が向いたときくらいしか食べませんでした。
そしたら、何故かこの日は、数年ぶりのその “気が向いた” 日だったらしく、無性にまぜそばが食べたくなってしまいました。

そこで、ネットを駆使して探したところ、『兎に角』さんなら、その時の時間でも営業していて、まぜそば(油そば)を提供していると言うことを知り、大急ぎで向かった次第です(^^;。


着いてみると、時間が時間なので並び客はいませんでしたが、店内に入ってみたら、ほぼ満席状態でした。
とりあえず、食券機で「油そば」を探し、いそいそと購入。
奥の方に空き席があったので、そこに座りました。

 


「兎に角」さんに来た時は、大体の場合がつけ麺なので、「油そば」は初体験。
どんな食べ方をするのかなぁ…と思っていたら、丁寧に解説した紙が張り出されていました( ^o^)ノ。

それを見る限り、最後に割りスープを加えるようです。
ご飯もお願いしようかと思ったのですが、隣で「まぜそば」を食べている人の量を観たら、無くても大丈夫、と判断しました(^^;。

 


暫くしました。

「おまたせしました。」

の声とともに丼が差しだされました。
観ると、見るからにジャンキーな油そば、といった感じで、ド~ンと乗ったチャーシューの存在感がハンパありません(^^;。

早速麺をひっくり返すように、全体をよく混ぜます。
底に溜まった真っ黒いタレを、よくよく絡めます。

 


程よく絡んで、麺が茶色いコーティングをされたようになったら、頂きます( ^o^)ノ。



実際に食べてみると、見た目ほど味が濃くなく、意外とスルスルと行けてしまう、魔性の美味さがあります…これぞジャンキーさが所以でしょうか…(^^;。

食べ始めてみると、これが手が止まらず、あっという間に食べ進めてしまい、慌てて割りスープをお願いしました。

 


割りスープは、「油そば」専用に有るわけでは無く、『兎に角』自慢のドロドロスープになります( ^o^)ノ。

 


カツオの香りがドストレートに飛んでくる、ガッツリ系のスープで、これを麺に掛けてみました。

 


さらに良く混ぜて、簡易的なラーメンのようにして頂きます( ^o^)ノ。
これはこれで、またジャンキーさにブーストされたようで、最後の一滴まで綺麗に食べ終わることが出来ます。

もう10歳ほど若かったら、絶対にご飯も投入して食べていましたね…月日の流れは憎たらしいです(^^;。

そんなわけで、本当に久しぶりの「油そば」ですが、自分でも驚くほど美味しく食べることが出来ました( ^o^)ノ。
それは、『兎に角』さんの「油そば」が美味しかったのか、それとも純粋に私が「油そば」を食べたかっただけなのか…。

きっと両方なのだろうとは思うのですが、結果として非常に美味しかったので、是非、また食べたいなぁ…と思った次第です( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.