松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸 ファミリー 「ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ:_ 松戸の『ラーメン ファミリー』にて、「ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

松戸の『ラーメン ファミリー』にて、「ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

松戸と流山、野田を繋ぐ流山街道。
その街道沿い、松戸寄りの場所に、ずっと昔から目立つ看板がありました。

 


赤地に白文字で抜かれた『ラーメン ファミリー』の文字は、ずっとずっと昔から、そこにありました。
また、この辺は松戸駅に近く、また埼玉の三郷市に抜ける橋の近くでもある為、いつも混んでいます。
なので、渋滞に巻き込まれつつ、いつもこの看板を観ていました。

 


この看板は、文字通りラーメン屋さんの看板なのですが、左に目をやると、本当に昔から有る、垢抜けないラーメン屋さんを観ることが出来ます。
最近流行の町中華、とも言えるような佇まい。
私が物心ついた頃から有ったように思えるのですが、じゃぁいつから? と言われると、思い出せない、そんな風景に溶け込んだ、日常にあるお店です(^^;。

ずっと前から気にはなっていたのですが、終ぞ入る機会が無く、この程、ようやく入ってみることが出来ました( ^o^)ノ。

 


入ってみれば、別段特別なお店でも無く、極々普通の町中華のラーメン屋さん。
ずっと昔から営業している割には非常に小綺麗で、雑然とはしているのですが、油にヌトっていない、その清潔感に、好感が持てました。

メニューを見ると、これまた何とも言えない、これ以上無いくらいの町中華、と言った塩梅のメニューで、今回私はなんの気合いもなく、極々一般的な「ラーメン」を注文しました(^^;。

 


丁度お店には酔客が二人おり、お店のオバチャンが、上手くあしらいながら、私の注文を取ってくれました。

そして、手際よくチャカチャカとラーメンを仕上げていき、徐に眼前に差し出されました。

 


そのラーメンは、最近よく言う、「これでいいんだよ」感が溢れる、実にオーソドックスな姿のラーメンで、正にその通り、これでいいんだよ、と納得してしまいそうな姿です( ^o^)ノ。

必要最低限のワカメ、必要最低限のメンマ、必要最低限のチャーシュー、必要最低限の海苔、必要最低限の葱…。
その結果が、最大公約数にして最小公倍数的な醤油ラーメンです( ^o^)ノ。

 


早速箸を取って食べてみるのですが、思いの外しっかりとした麺の茹で具合に、驚きつつも醤油のしっかりとしたコクがあり、そしてしっかりと出汁を取ったスープの味わいに、再度驚いてしまいました。

ちょっと味が濃いかなぁ、とも思いますが、この濃さが、仕事の合間に入った自分には、血肉に染み渡るようで、しみじみと美味いです( ^o^)ノ。

醤油ラーメンとして、安定の美味さがここにありました…( ^o^)ノ。



今まで、何で食べに来なかったんだろう…。
そう思ってしまいましたが、今度はカミさんや息子も連れて来てみたい、と思いました…。
あまり流行のラーメン屋さんではありませんが、いつだって安心して食べられる、そんなお店である、と思いました( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.