松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

松戸 むさし野 「中華そば」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

松戸の『味処 むさし野』にて、「中華そば」を食べて来ました( ^o^)ノ。

去年の春頃、惜しまれつつ閉店した松戸の名店、『味処 むさし野』。
ところが、いつの間にか復活していました(^^;。

場所も同じ。
内装も一緒。
本当に閉店していたのか不思議なくらい、全く同じように営業を再開していました(^^;。

一説には、近隣住民から違法駐車のクレームが酷かったのではないかとか、いやいや、店主が急病で…みたいな話もありましたが、実際にお店の人に話しを聞いたわけではないので、真相は不明です(^^;。

尤も、美味しいラーメンが食べられるのであれば、何の文句もありません( ^o^)ノ。

こちらのお店の特徴は、なんと言っても、その端麗なスープ、そしてビロビロ麺( ^o^)ノ。
和食割烹で修業したという店主の渾身のスープ。
そしてそれを程よく絡め上げてくれる、ビロビロの縮れ麺!
チャーシューと青菜、メンマと海苔。必要最低限にして過不足のない具材が、潔さを伴って和食テイストを醸し出します( ^o^)ノ。

そんなわけで、随分と久しぶりにお店にお邪魔してみました。

前述の通り、全く変わらない店内。
程よく薄暗く、和風モダンな店内は、女性客にも好評で落ち着きのある雰囲気です。

席に着くと、すぐに瓶ボトルに入ったお冷やが出て来ます。


これをぐい呑みで頂くのが、この『むさし野』のスタイルです( ^o^)ノ。

何を食べようか、一瞬迷いましたが、ここは一番オーソドックスな醤油スープの「中華そば」にしました。

時間が早ければ、「季節のご飯」がまだあったのでしょうが、この日は残念ながら売り切れ。
この「季節のご飯」が兎に角特筆モノで、今回は食べることが出来なかったので書くことが出来ませんが、もし機会のある人がいらっしゃいましたら、騙されたと思って、無条件に注文して下さい。
おそらく、殆どの人が後悔などしないと、断言出来ます( ^o^)ノ。

程なくして運ばれて来たのは、変わらぬ『むさし野』の「中華そば」です!


早速食べてみますが、透明感のあるビロビロ麺は、程よいコシとスープの美味さ、その両方を一気に楽しめる逸品です!!

下品ではありますが、脇目も振らずに一気に食べてしまったので、なんとも感想のしようがないのですが、あっさりさっぱり、それでいて奥深い、何とも言えない和風醤油ラーメンの代名詞のようなラーメンです( ^o^)ノ。

う~ん、復活は嬉しい限りです…( ^o^)ノ。
きっと、カミさんも喜んでいると思います!!

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.