松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

早稲田 がんこラーメン西早稲田店 「塩ラーメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

早稲田の『がんこラーメン 西早稲田店』にて、「塩ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

私が初めて『がんこラーメン』を食べたのは、今は無き『秋葉原店』でした。
そこの塩ラーメンが大好きになって、さらに、こちらも今は無き『本郷店』の塩ラーメンも好きになりました。

その後、両店の閉店を経て、神保町の『覆麺』や、四谷の『総本家』にも足繁く通うようになりましたが、私にとってのがんこラーメンの味は、牛骨のスッキリとした味なんです(^^;。

もちろん、『覆麺』や『総本家』は大好きなのですが、どんどん進化している中で、懐かしい味だなぁ…と思うのは、もう『西早稲田店』だけになってしまいました…(^^;。

そんなわけで、『西早稲田店』にも、結構通っていたのですが、場所が私の行動範囲から結構逸脱していることもあって、ここ数年、全く行く事が出来ませんでした…。

この日、偶然にもこの近くを通る機会があり、表に牛骨が下がっていることを確認して、大急ぎでお店に向かいました( ^o^)ノ。

一見すると、なにかの掘っ立て小屋? にも見えてしまうような、凡そラーメン店とは思えないような外観なのですが、これが『がんこラーメン 西早稲田店』です(^^;。
ちょっと見た感じでは営業しているのかしていないのか、全く分からないのですが、テントの入口に牛骨が下がっていれば、営業している合図です(^^;。

入ると、これまた狭くて汚い店内なのですが、この飾らないというか、時の過ぎゆくままの感じが、往年のいぶし銀というか、流行を追わず、また世間に媚びることもなく、泰然と在るが儘に成った、ただそれだけのような風格があります(^^;。

ココで食べるのはやはり「塩ラーメン」( ^o^)ノ。

大将に「塩をダブルで」、とお願いすると、「はい」、と低い声で返事をされ、厨房に入っていきました。

Yelpでチェックイン報告をしようかなぁ…と思ってスマホを出して、検索をしているウチに、ラーメンが差し出されました(^^;。
この速さは、やっぱり『がんこラーメン』だなぁ…と思います(^^;。

数年ぶりに食べる『西早稲田店』の塩。


変わっていないと良いなぁ…と思ったのですが、一口食べて、それが杞憂だと知りました( ^o^)ノ。

喉を焼くほど塩っぱい味わいですが、それ以上に味の濃さが強くて、私のようにクセになった人を続出させた、あの往年の『がんこラーメン』の味を継承している、私にとっては懐かしい味です( ^o^)ノ。

変わったのは、前はサービスで出て来た青唐辛子が、今は別料金になっているくらいでしょうか。

後はもう、懐かしくて脇目も振らず食べてしまったというか、気がついたら綺麗さっぱりと、完食してしまいました(^^;。

お店を出て、次の現場に向かいましたが、ずっと口内が『がんこラーメン』の味を、反芻していました( ^o^)ノ。

願わくば、いつまでもずっと食べていきたい、私にとってそんな味なんです…。
いつか、息子を連れて来てみたいですね…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.