松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

日本橋 玉ゐ 「背くらべ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

日本橋の『玉ゐ』にて、「背くらべ」を食べて来ました( ^o^)ノ。

日本橋なんてハイカラな場所、凡そ私のような人間が足を踏み入れる所ではないのですが、仕事とあっては仕方がありません(^^;。
少々場違いさを感じながらも現場に向かって歩いている時、こちらのお店を見つけました。

私は鰻が大好物ですが、穴子も大好きです( ^o^)ノ。
特に寿司ネタとしては最高で、本当に美味しい穴子を食べさせてくれるお寿司屋さんでは、必ず食べています。

そんな穴子好きな私の目に、「あなご専門店」という文字が飛び込んできたら、もう誘われないはずがありません(^^;。

早速時間を作ってお店に参りました( ^o^)ノ。

お昼時の寸時を使っての訪問なので、コースを頼むわけにはいきません。


もちろん「箱めし」にしようと考えましたが、ふと目が留まった「背くらべ」。
「背くらべ」は、真穴子と小ぶりなめそ穴子を合わせたもので、普通の穴子と、小ぶりで小骨も気にならないめそ穴子の両方を楽しむことが出来るそうです。

そうと知ったら、即注文です( ^o^)ノ。
ちなみに、「穴子のお出汁」も注文しました。

今回私は、穴子の仕上げは「焼き上げ」を選択しました。
この他には「煮上げ」や、両方楽しめる「合いのせ」が選べるそうです。

カウンター席に座ったのですが、隣の方が中箱を食べていて、その香りが、否が応にも期待を膨らませます( ^o^)ノ。

そして、私の元にもお膳が運ばれて来ました( ^o^)ノ。

正直、お昼ご飯にこの金額は、清水の舞台から飛び降りる覚悟でしたが、まさにそれに見合う内容です( ^o^)ノ。
ちなみに穴子のお出汁は、あとから注がれるそうです。

早速ですが、箸を取って頂きます( ^o^)ノ。

まずは穴子から食べますが、しっとりと身の柔らかさと軽い焼き…香ばしさと言うよりも、全体として、鰻より上品な感じのする美味しさで、タレの染み込んだご飯と一緒に食べるのは、まさに至福の一言です( ^o^)ノ。

そして、めそ穴子。
こちらはもう、とろける、と言うのが正直な感想で、舌の上で解(ほぐ)れるように広がっていく感じが、何とも言えません( ^o^)ノ。

少し多めの香の物に手を焼きながら(^^;、途中、柚子の粉を叩いて香りを楽しみつつ、さらに食べ進めます。

程よきところで出汁が注がれて、朱塗りの椀に残った穴子めしを移し、お出汁を注いで頂きます( ^o^)ノ。

そんなわけで、至福の時間はあっという間に過ぎ去ってしまいましたが、お腹が貯まる以上に心が豊かになったお昼ご飯でした…( ^o^)ノ。

ウチのカミさんは、殊魚の骨に弱くて、幼少の頃に酷い目に遭ったことが未だにトラウマとして尾を引いているそうです。
そんなカミさんは、例え鰻であっても骨が気になるとのことだったので、今度、こちらのお店に連れて来て、「めそ箱めし」を食べさせてあげたいと思います( ^o^)ノ。

きっと、世界が変わると思います…。



…もちろん、割り勘で(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.