松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

日暮里 一由そば 「にんにく醤油とり天うどん」

2022/10/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: 日暮里の『一由そばにて、にんにく醤油とり天うどんを、食べて来ました( ^o^)ノ。

日暮里の『一由そば』にて、「にんにく醤油とり天うどん」を食べて来ました( ^o^)ノ。

ここ最近、妙に縁づいている『一由そば』さんですが、それだけ通いやすく、お腹が空いているときの需要を、確実に救ってくれている存在なのだと思います(^^;。

と言うのも、やはり24時間営業というのは非常に強くて、食べたいときに食べられる、と言うのは何とも重宝以外の何モノでもありません( ^o^)ノ。

この日も、夜勤の帰り、事情があって日暮里まで足を伸ばした際、小腹が減ったなぁ…と思って、すぐに立ち寄ってしまった次第です(^^;。


この日も、時間にもかかわらず店内には数名の先客がいて、私の後にも矢継ぎ早にお客さんがやって来ます。
何を食べようか、少々悩んだのですが、先日同僚(笑)が、

「うどんも結構イケますし、新しくできた「にんにく醤油とり天」は、食べるべき逸品でしたよ」

と言っていたのを思い出し、私も全く同じものを注文してしまいました(^^;。

 


と言うわけで、注文し、お金を払って丼を受け取ります。
この間、1分ほど。
これ以上効率化されたオペレーションがあるでしょうか( ^o^)ノ。
ちなみに、店員さんは3人ほど。
うどんを作って会計する人が1名、天ぷらをひっきりなしに揚げる人が2名います(^^;。

 


と言うわけで、実際に食べてみますが、うどん自体は蕎麦と変わらず、柔らかい食感の茹で上げうどんです。
それ以上のモノは求めていませんでしたが、想像に違わぬもので、なんとも安心です(^^;。

ズロズロと啜りつつ、やっぱりうどんだと、蕎麦と違ってツユの引き上げが良くないな…とかって思いながら、逆に、蕎麦より圧倒的に太いんだから、当たり前じゃん…と一人ツッコミ(^^;。

肝心の「にんにく醤油とり天」も食べてみますが、これがまた同僚(笑)の言うとおり、逸品です( ^o^)ノ。
単体でも美味しいですが、蕎麦つゆに浸して食べるのも、また一興( ^o^)ノ。

というわけで、この時間にこんなにマジの食事を摂っては…と言う後ろめたさもあるのですが、完食してお店を出ました( ^o^)ノ。

熱々の蕎麦つゆに、身体中汗ばむような感じでしたが、外に出てみれば秋の夜の空気で、ひんやりとした感覚が、足元から首筋にかて、抜けて行きました。

これからはもっと寒くなるなぁ…と、足早にクルマに戻りました。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.