松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

新橋 きたかた食堂 「醤油ラーメンと真鯛昆布〆丼」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

新橋の『きたかた食堂』にて、「醤油ラーメンと真鯛昆布〆丼」を食べて来ました( ^o^)ノ。

新橋とは言っても少し離れた御成門に近いこの場所は、事務所ビルが多く建ち並ぶオフィス街に近いです。
となると、平日ならともかく週末ともなると、本当にお昼を食べられるお店がありません。

この日は日曜日だったのですが、現場近くの食事処はことごとく全滅で、ようやく見つけたのが、少し歩きましたがここ『きたかた食堂』だったんです。

スキッとまとまったきれいな外観のお店で、ラーメン屋というかお寿司屋のような小粋さも感じます。

暖簾をくぐって店内に入ると、左手に自販機があります。


どんなメニューがあるのかなぁ…と思って目を凝らしますが、初めて入ったお店と言うこともあって、無難に「醤油ラーメン」を選びます。
しかし、小丼もあって、鮪だったり鯛だったりと、実に美味しそうです。
なので、ここは「真鯛の昆布〆丼」も注文してみることにしました。

取り敢えずはカウンター席に着席。
食券を渡しながらお冷やで喉を潤します。

いつものようにYelpでチェックイン報告をしてから少し待つと、わざわざ店員さんがカウンターを回って、ラーメンを持って来てくれました。

見た感じは非常にシンプルなのですが、最近のラーメンのような、シズル感に富んだ解像度の高いラーメンで、見るからにスッキリしていて美味しそうです( ^o^)ノ。

箸で麺をすくってみると、実はびろびろとした平打ち麺で、食べてみると見た目以上にしっかりとしたコシが楽しめます( ^o^)ノ。

スープは醤油がはっきりとしているのですが、全くボケていない鰹の出汁がスッキリと効いていて、何ともメリハリのある美味しさです( ^o^)ノ。

そして、麺を食べ終わったら、今度は小丼に移ります!

真鯛の昆布〆と言うことなのですが、鯛の表面に醤油が塗ってあり、漬けのようにそのままで食べることが出来ます。
シャリは自家製の赤酢を使っているそうで、普通の寿司酢と少し違った風味が味わえ、鯛自体の締まった身の歯応えと、噛むとじわっとにじみ出る鯛のうま味の相乗で、本当に美味しかったです( ^o^)ノ。

思いもかけず日曜日の新橋で、カミさんにも自慢したくなるような美味いラーメンと丼に出会うことが出来ました( ^o^)ノ。
こんなことを書くと、「じゃぁ連れて行け」、ってことになるんですが、こちらのお店ならば、女性でも全く問題なく連れて行ける、綺麗なお店です。
うん、機会があったら連れて行ってあげたいです、カミさんを( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.