松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

市原サービスエリア(上) ロッテリア 「勝浦タンタンメンバーガー」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

市原SA(上)の『ロッテリア』にて、「勝浦タンタンメンバーガー」を食べて来ました( ^o^)ノ。

千葉県を縦に走る県縦断道路、館山自動車道。
その上り線、市原サービスエリア内にて、店舗限定の「勝浦タンタンメンバーガー」がありました(^^;。

この日、仕事で市原SAに立ち寄ったのですが、入ってすぐの所、目立つ位置に幟が立っていました。

見た瞬間、「何故、市原で勝浦の名物ラーメンが!?」、とも思ったのですが、元々市原SAにはフードコートで勝浦タンタンメンが提供されていたりするので、そう言うのもあるのかなぁ…とかって思ってみたり(^^;。

個人的には、勝浦タンタンメンより、木更津・袖ケ浦のガウラーメンや、富津の竹岡式ラーメンの方を取り上げてもらいたいなぁ…と思うのですが、まぁ…大人の事情があるのでしょうか(^^;。

と言うわけで、実際に食べてみることに( ^o^)ノ。

数分待って、渡されたブザーが鳴ったので、カウンターまで出向いてみると、「店舗限定バーガー」と印刷された袋が。


席に戻って袋を開けてみます。



うん、普通に麺が入ってんじゃん(^^;。

バンズには、素焼きのパテにレタスとトマトの輪切り。
そしてその真ん中には、ラー油でしっかりと味付けされた挽肉を包むように、麺で包んである「勝浦タンタンメン」が入っていました( ^o^)ノ。

順番がおかしくなってしまいましたが、ココで少し「勝浦タンタンメン」の紹介を(^^;。

「勝浦タンタンメン」というのは、千葉県勝浦市で誕生した、ご当地ラーメンです。
“担々麺” の名を使っていますが、実際の担々麺とは全く違い、その為、カタカナ表記のタンタンメンを使用しているようです(^^;。

内容としては、ラー油で炒めた挽肉とタマネギがラーメンの上に乗っています。
元々は漁師などが仕事の後、冷えた身体を温めるために考案されたラーメンなのだそうですが、醤油スープに載った挽肉とタマネギの辛味噌餡がなかなか美味しい、千葉を代表するご当地ラーメンの一つです( ^o^)ノ。

と言うわけで、今回食べた「勝浦タンタンメンバーガー」ですが、少しピリッとしていて、ラー油のごま油が食欲をそそる、なかなか侮れないハンバーガーでした( ^o^)ノ。

相当キワモノ、と言う見方もありますが、期間限定で、こう言う遊び心を忘れないロッテリアという会社も、なかなかお茶目だなぁ…と思った次第です…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.