松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

南流山 ラーメンショップ流山店 「ネギ味噌ラーメン」

2021/02/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

南流山の『ラーメンショップ流山店』にて、「ネギ味噌ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

個人的に、私がもうずっと前から通っているラーメンショップが、こちらの「流山店」さんで、八柱店と並んで、古くからあるラーメンショップになります。

カミさんと息子を連れて、何回か通っていたのですが、ここ最近ちょっと足が遠のいていたので、久しぶりに行ってみることにしました。

お店に着き、少し離れたところにあるお店の駐車場に車を停めて、息子の手を引きながらお店まで歩きます。


お店に入ると、前まで、壁に色々と写真付きでメニューが貼ってあったのですが、その写真がなくなり、短冊メニューのみ。
大分お店の中の印象が変わっていました。

私は、ラーメンショップに来たらネギ味噌ラーメンと決めているので、迷わずそれを注文しましたが、カミさんは葱がそれほど好きではないので、普通にラーメンにしようとしていましたが、息子も普通のラーメンが良いとのこと。
なので、息子は普通に「ラーメン」、カミさんは和風という「流山ラーメン」をチョイスしました。

暫くして運ばれて来たのは、ネギたっぷりのネギ味噌ラーメンです。


実は、トッピングで更にネギを追加しました(^^;。

息子の醤油ラーメンは、正に “The 豚骨醤油” という感じ。
カミさんの「流山ラーメン」は、極々普通の醤油ラーメンと言う感じで、ラーメンショップ特有の豚骨スープではなく、透き通ったスープの醤油ラーメンでした。

早速食べてみると、ラーメンショップ特有のネギなのですが、こちらの流山店は、とろみが強いクマノテです。
また、麺が非常に優しい食感で、伸びて柔らかい、と言うわけではないのですが、腰はあまりなく、重ねて表現しますが、”優しい感じ” の食感です。

その食感はカミさんも気になっていたようで、私がどちらかというと、チェーン店系のラーメン店と言うよりも、腕に自信のあるラーメン店ばかりに連れて行くので、必然的に麺の茹で方もコシを重要視する方向性が目立つのだと思います。
なので、こんなに優しい食感の、柔らかい麺は驚きだったのだと感じました。

と言うか、どちらかというとこってり系が好きなカミさんは、正直言ってアッサリ和風の「流山ラーメン」ではなく、息子が食べている豚骨醤油の「ラーメン」の方が好みだと思いました。

なので、息子に麺を取り分けながら、途中、息子のラーメンとカミさんのラーメンを交換しました(^^;。

とまぁそんなこんなで、非常に美味しく頂けたのですが、ちょっと気になるのは、スープが妙にぬるかったこと…。
スープを丼に張る際に、丼を温めなかったのか、それとも純粋に出汁がヌルいのか、はたまたタレが多すぎるのか…(^^;。

ラーメンショップの出汁は豚骨なので、スープがヌルいと、正直食べるのが辛くなります…。
今回に限ったことなのか、それとも麺のコシの件も合わせて、これが流山店の味なのか…。

う~ん…もう一回食べに入ってみて、その時の結果によっては、哀しいですが、足が遠のくかなぁ…と、そう思った次第です…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.