松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

千葉 八千代緑が丘 ラソイ

2020/04/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

千葉は八千代緑が丘の『インド料理 ラソイ』にて、ランチとビリヤニを食べて来ました( ^o^)ノ。

少し前から市販のカレーのルーは使わず、スパイスやカレー粉を使ってカレーを作るのにハマっています(^^;。

結果、そこそこ美味しいカレーを作ることが出来るのですが、本当のインド料理店に行ってカレーを食べると、その圧倒的な差に押しつぶされそうになります(^^;。

そんな未熟さを練り固めて絶望感を味合わせてくれるお店、それが今回の『ラソイ』でした(^^;。

最初に選んだのはランチのB‘セット。

Bセットは、カレーが1種でナンとサフランライスが付くのですが、B’セットは、カレーが2種でナンかサフランライスを選ぶことが出来ます(^^;。

私が選んだカレーは、ひよこ豆の入ったチョレマサラと、チキンカレー です。

ナンをチョイスして、辛さは中辛にしました( ^o^)ノ。

とある理由でラッシーをサービスしてもらえたのですが、このラッシーが非常の甘くて、最近甘いものを控えていた私には、心の染みる美味さでした…(^^;。

焼き立てのナンが載せられた銀の盆に、カレー2種とサラダが載っています( ^o^)ノ。

早速指先を火傷しながらナンを千切ってカレーに浸します。

最初に食べたのはチキンカレー 。

正直見た目からはどっちがなんのカレーだか分かりませんでした(^^;。

結果としてチキンカレーだったのですが、非常に日本人に食べやすい味わいで、程よいスパイス感が安心出来ます( ^o^)ノ。

豆カレーであるチョレマサラは、肉のコクがない分、スパイスによるコクのブーストが強く、塩味も少し強いように思えました( ^o^)ノ。

途中、「ナン、オ代ワリシマスカ?」、と聞かれて、お願いしてしまったのが運の尽き(^^;。

大きなナンがまた丸々来てしまい、てっきりある程度小さいのが来るのかなぁ…と思っていたので、たっぷりすぎる量に半ば愕然としてしまいました(^^;。

ふ〜ふ〜言いながらなんとか完食(^^;。

ご馳走様を伝えてお店を出るのですが、お店の前の「ビリヤニ」の文字に心惹かれました( ^o^)ノ。

そんなわけで、夜勤の前に、もう一回『ラソイ』に足を運び、今度は「ビリヤニ」なるものを食べてみることにしました( ^o^)ノ。

出て来た「ビリヤニ」とは、いわゆるカレーピラフのようなもので、カレーの上に長粒種のライスで作ったピラフがどっさりと乗っています。

これを、下のカレーと一緒に混ぜながら頂きます( ^o^)ノ。

カレーの種類と辛さは調整出来、私はチキンカレー にして大辛にしてもらいました。

日本人には馴染みの薄い長粒種、インディカ米ですが、私は結構好きだったりします(^^;。

日本の短粒種、ジャポニカ米と比べてあっさり、パサパサとしていて、粘り気のない感じは、日本人の言う「ご飯」として食べるには辛いものがありますが、こう言うピラフなどにすると相性が抜群です( ^o^)ノ。

ちなみに長粒種でも実が短く膨らみのある種類もあって、香りが良いために「ジャスミン米」や「香り米」などの名前で販売しているお店もあります( ^o^)ノ。

そんな「ビリヤニ」ですが、ピラフ自体は味付けは実にあっさり。

クミンシードの香りも良いのですが、下のカレーと混ぜて一緒に食べると、これが美味いんです( ^o^)ノ。

ちなみに副菜として付いてくるライタ(ヨーグルトサラダ)は、容赦ないヨーグルトの酸味です(^^;。

塩気はほぼないので、この酸味は、私には少々辛かったです…キュウリの食感などは良かったんですけどね(^^;。

そんなわけで、『ラソイ』を堪能出来た1日でした( ^o^)ノ。

また半年後、楽しみですね…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.