松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

北習志野 大勝軒 「ワンタンメン」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

北習志野の『大勝軒』にて、「ワンタンメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

先ず最初にお伝えしておきますが、こちらのお店は、山岸さんの系譜を嗣ぐ、池袋系の大勝軒ではありません(^^;。

実は高根台にてちょっとした工事をしていたのですが、どうしても工具が合わず、大急ぎでホムセンに走っていたこの時、丁度お昼時とあって、試しに…と思ってお店の前に来てみたら、いつもは待ち客が長蛇の列を成しているのですが、この日に限って並び客が2名しかいません。
大急ぎでクルマを停めて、列の最後尾に着きました(^^;。

10分ほど並んで店内に入ることが出来ました( ^o^)ノ。

久しぶりとあって、何を食べようか悩むところなのですが、やっぱり、一番気に入っている「ワンタンメン」をチョイス。
ちなみに、意外なほど、周りのお客さんもワンタンメン率が高かったです(^^;。

少しして、銀の盆に載せられて運ばれて来た「ワンタンメン」は、「あれ? 大盛りを注文したっけ?」、と思うような量です。
そうなんです、こちらのお店、普通からして量の多い、サービス精神満点のお店で、それを知らないで大盛りを頼んだりすると、とんでもないことになります(^^;。

実は私はそのとんでもないことになったことがあって、その経験もあってか、この日は慎ましく普通盛りにしました(^^;。

とは言っても前述の通り、普通盛りの段階で大盛り状態(^^;。
十二分にお腹いっぱいになりそうです( ^o^)ノ。

と言うわけで、早速箸を取って頂きます。

麺は少し柔らかめですが伸びたり茹ですぎたりしているわけではなく、優しい味わいのコシ。
スープはうま味の強い膨よかな醤油で、比較的脂もしっかり入っていますが、まったく苦になりません( ^o^)ノ。

少しい味の濃いチャーシューはギュッと詰まった感じのロースで、ワンタンはレンゲを使わないと千切れてしまうほど、トロトロです( ^o^)ノ。

これらの、美味いラーメンが、胃袋はち切れんばかりに思い切り食べられるというのは、それだけで至福を感じてしまうこと間違いありません( ^o^)ノ。

と言うわけで、中身は全部完食。
スープも1/3程は飲み干しましたが、それ以上は心が許しても胃袋が許してくれませんでした…(^^;。

久しぶりの北習志野の大勝軒、心底満足しましたが、出来ればカミさんと息子も連れて来てみたいですねぇ…でも、この量はなぁ…(^^;。
麺少なめで、ってお願いしないと、カミさんにぶっ飛ばされるかも知れません(^^;。

それでも、連れてきてみたいなぁ…と、そう思わせて売れる希有なラーメン屋さんです…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.