松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

佐倉 麺や玄 「醤油ラーメンと半鮪丼」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

佐倉の『喜多方食堂 麺や 玄』にて、「醤油ラーメンと半鮪丼」を食べて来ました( ^o^)ノ。

千葉県は佐倉市の『喜多方食堂 麺や 玄』は、ラーメン以外にもとあるモノが非常に美味しいお店です。
それは「鮪」で、なんでラーメン屋さんで鮪…? と思うかも知れませんが、そう言う疑問は脇に置いておいて、美味しいから良いんです(^^;。

この近くに現場があるので、毎年二回、こちらに食べに来る機会があるのですが、いつも非常に楽しみにしています。

しかし、いつ行っても非常に混んでいる繁盛店で、場合によっては駐車場が空いていなくて、悔し涙を流すこともままあります。

この日は偶然、少し待ったら直ぐに駐車場が空いて、食べに入ることが出来ました。
しかし、入ってみるとかなりの待ち客がいて、待ち客リストに名前を書いて、素直に少々待つことになりました。
一組、二組、と順番に待ち客が吸い込まれていき、ついに私たちの名前が呼ばれました。

奥のテーブル席が空いたとのことで、そちらに腰を落ち着けますが、矢継ぎ早に席が空き、結局待ち客はゼロに。
タイミングが悪かったようです(^^;。

さて、実際に注文するのですが、メインのラーメンは、醤油ラーメンに味噌ラーメン、そして担々麺などもあるようです。私は醤油ラーメンをチョイス。
この醤油ラーメンにも、背脂を入れるか否か、またタマネギは入れるか、油の量は、味の濃さは、麺の茹で加減は、等いろいろオーダー出来るようですが、私は背脂無しのタマネギ入りで注文しました。

そして、有名な鮪ですが、半ネギトロ丼と半鮪丼があるのですが、切り身とネギトロの両方が楽しめる、半鮪丼を注文しました。

お店自体は結構混んでいたので、そこそこ待たされましたが、イライラするほどでもなく、私の半鮪丼とラーメンが運ばれて来ました。

ラーメンは、スープが茶色く、少し濁ったような感じの、スッキリとした醤油ラーメンで、正に喜多方ラーメン、と言った感じ。


麺も、柔らかくはないですが強烈なコシがあるわけでもなく、丁度良い茹で具合。物足りない人は麺の固めを注文すれば良いと思います。

実際に食べてみると、醤油のコクと鶏ガラのコクが上手にマッチした、上品な美味しさで、ちょっと多めのチャーシュー、そしてアッサリ感を更に増してくれるタマネギも良い感じです( ^o^)ノ。

名代の鮪ですが、正直な話し、ラーメン屋で出す鮪のレベルじゃぁないだろう、と思うほど美味しい、中トロの乗った鮪丼です。


ただ、チャーハンや他のご飯ものの都合なのでしょうが、ご飯が酢飯ではないのが哀しいところです。
また、ご飯自体も結構固く炊き上げており、パサパサ感が強調されていて全くもっちり感がありません。
鮪が結構脂が乗っていて美味しいのですが、その脂がともすればしつこく感じてしまうので、ここは、酢飯にも力を入れて欲しかったところです。

とまぁそんなことを言いながら、美味しく完食。


背脂たっぷりの味噌ラーメンを注文した同僚は、その脂の多さに辟易としていましたが(^^;、概ね皆満足してお店を後にしました。

と言うわけで、午後の活力をもらうことが出来ました( ^o^)ノ。
また半年後が楽しみ、と言うことで、お仕事頑張ります!!

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2021 All Rights Reserved.