松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

上野 喜多方食堂

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

上野の『喜多方食堂』にて、「蔵出し醤油ラーメン」を食べて来ました( ^o^)ノ。

仏壇などの仏具店が軒を連ねる稲荷町で、見つけた喜多方ラーメンのお店です。
ちょっと前に一度入ったことがあったのですが、この日はカミさんと息子を連れての再訪となりました( ^o^)ノ。

一時期、今から20年くらい前になるのでしょうか…妙に喜多方ラーメンが流行った時期がありまして、チェーン店で結構そこら中に系列のお店がありました。
しかし、その後抉り込むように消えていってしまい、気がついたら喜多方ラーメンのお店って、探してもなかなか見つからないような状況です…。

うちのカミさんに至っては、「喜多方ラーメンって、なに?」、と言うほどで、それを教えるためにも、お店に連れて行った次第です(^^;。

そんなわけで、息子が大好きな醤油ラーメンを注文したのですが、一見して少し驚いてしまいました。

意外なほどスープが濁っていて、私の記憶違いなのかも知れませんが、喜多方ラーメンと言えば、もっと透き通っているスープを想像していました。
ちなみ麺は少し柔らかめの縮れ麺。これは私の想像通りでした( ^o^)ノ。

お店の人が、息子のラーメンを持って来た直後、すぐに取り椀とフォークを持って来てくれました。
子連れの身としては、こう言うサッとしたサービスは、本当に嬉しいですし、頭が下がります(^^;。

そんなわけで、実際に食べてみます( ^o^)ノ。

カミさんは大好きなチャーシュー麺にしたのですが、チャーシューの量が、ちょっと心許なくて不満だったようです(^^;。
どれだけ肉が好きなんだか…(^^;。

個人的には、比較的煮干しの風味の効いた、非常に食べやすい醤油ラーメン、と言う感想でした。

しかし、カミさんは、ラーメンと言うとどうも神保町の名店、『覆麺』さんのイメージが強いらしく、「ちょっと薄いような気がした…」とのことでした(^^;。
…いやいや、出汁処を名乗る『覆麺』が尋常じゃないだけであって、こちらの『喜多方食堂』も十二分過ぎるほど出汁がキッチリとして、美味しいですから(^^;。

と言うわけで、私個人としては満足してお店を出ました( ^o^)ノ。
ちなみにこう言うアッサリとしたラーメンを、超大盛りにして、たっぷりと、お腹いっぱい食べたい…と言うのが夢なのですが、糖質のことを考えると、最早そのようなことは出来ない身として、無念極まりないです…(^^;。

う~ん…。
二人前くらい、食べちゃいたかったです…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2020 All Rights Reserved.