松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

上野 さんじ 「蜆 あおさ 煮干蕎麦」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

上野の『さんじ』にて、「蜆あおさ煮干蕎麦」を食べて来ました( ^o^)ノ。

この日は柏の物件。
いろいろあって、予定より大分早い13時頃に終わってしまいました。

お昼休みを返上してでの作業だったので、クルマに戻ったときには足に来るほど腹ぺこ状態。
何を食べようかちょっと考えたのですが、ふと最近、まともなラーメンを食べていないことを思いだし、急にラーメンが食べたくなりました。
しかし、時間が時間で、柏や松戸のラーメン店ならまだ間に合うでしょうが、正直東京のラーメン店は間に合わないだろうなぁ…と思いました。

しかし、食べたいラーメン屋さんが数件頭に浮かんだら、もういつ間にかハンドルを握る手が本気モードになっていました(^^;。

もちろん安全運転は心がけましたが、もし、間に合えば…と言う一縷の望みを託して、一気に国道6号線を上ります(^^;。

 


そして、東京は上野に着いたのは、15時少し前でした。

この時間だと…行けるお店は…と思い、そのまま上野の『さんじ』さんに馳せ参じた、と言う感じです(^^;。

 


早速何を食べるか考えますが、ホワイトボードのメニューを見ると、

「蜆 あおさ 煮干蕎麦」
「真鱈の白子バター蕎麦」
「淡麗煮干黄金昆布水つけ蕎麦」

が。
なんかもう勝手に手が「蜆 あおさ 煮干蕎麦」の食券を購入していました( ^o^)ノ。

 


と言うわけで、受け取ったラーメンがこちら。

いつものようにデッカな半生チャーシューがドンッと乗っていますが、スープは淡い茶色です。
どうも醤油では無く塩ベースのような感じです。

早速箸を取って頂きますが…。

 


麺の食感とか歯応えとか、そう言う以前に、口に入れた瞬間にジュワッと感じる蜆の濃いコハク酸の味わいが物凄いんです…( ^o^)ノ。
内心、「うわっ」、と声を上げそうになりましたが、蜆の旨味の濃厚さがハンパじゃありません。

ここまで来ると、頬の奥の方がジュンジュンするほどコハク酸が濃いのですが、昆布でしょうか…そんな旨味も感じます。

正直なところ、蜆の分かり易い旨味はすぐに分かったのですが、それを補強する、私には分からない様々な旨味が折り重なるように感じて、ちょっと他にはない味わいだなぁ…と、しみじみ思いました(^^;。

そして、意外な程しっかりと入っているアオサの食感が、ジャクジャクというかツルツルというか、これは純粋に日本の味だよなぁ…と( ^o^)ノ。

完食し、ノリの良い店主さんと軽口を叩きながらご馳走様を伝え、お店の外に出ましたが、空模様はいつ雨が降り出すか分からないような感じ。
さっきまではクルマのワイパーが盛大に動くほど降っていましたが、私が『さんじ』さんにお邪魔している間は小康状態でした。

このうちに帰宅出来れば良いなぁ…と思いつつハンドルを松戸に向けましたが…。

しばらくの間、口内で蜆の味を反芻出来ました…( ^o^)ノ。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.