松本コウイチの徒然日記

GERO_Matsuの日記

ペポーゾを作ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

読み上げ: Youtubeを参考に、ペポーゾを、作ってみました( ^o^)ノ。

Youtubeを参考に、「ペポーゾ」を作ってみました( ^o^)ノ。

先日、youtubeの料理系チャンネルを観ていて、こちらの動画を見つけました。

牛肉を赤ワインと黒胡椒で煮る料理のようで、非常に美味しいとのこと。
牛肉をそれなりに用意するのは金額的に大変ではありますが、手間自体はそれほどかからず、簡単そうなので、作ってみることにしました( ^o^)ノ。

まずは牛肉を用意。
動画の方では牛のすね肉を使用していましたが、運悪く用意できず、別の部位となってしまいました(^^;。
また、実際に肉を漬け込んで煮込むワインも、ワンコイン以下の安いワインとなってしまいました(^^;。

まぁその辺は置いておいて、まずは下準備。

口を閉じられるビニール袋に牛肉、ローズマリー、月桂樹の葉を入れ、ワインを注いで口を閉じ、冷蔵庫で一晩浸け込みます。

 


翌夕、冷蔵庫から取り出して来ました。

 


まずは調味料等の用意。
ニンニクは粒のママ、包丁の腹で潰し、黒胡椒は軽く砕いておきます。
塩は肉の量の1%用意しました。

 


袋をザルにあけて、肉とつけ汁を分けます。

 


肉に塩を振り、全体によくまぶします。

 


オリーブオイルをひいたフライパンに肉を入れ、肉に焼き目を付けます。

 


軽く焼き目を付けた肉を鍋に移し、ニンニクを加え…。

 


つけ汁もハーブごと加えます。

 


砕いた黒胡椒を加え…。

 


煮込みつつ、丁寧にアクを取ります。

 


アクがある程度取れたら、落とし蓋をして、最弱火にして、3時間ほど煮込みます。

 


途中、様子を見ながら、煮汁が少なくなりすぎたら水を加えたりし、3時間後がこのような様子。

 


皿に盛り付けて、食卓へ運びました( ^o^)ノ。

 

実際に食べてみたのですが、結論から言うと、大変素直な味付けというか、シンプルな味付けというか、塩だけで肉の旨味がこんなに出るモノか…と本当に思いました。
ただ、逆に言うと臭い消し的な部分はあまりないので、良い意味でも悪い意味でも、肉の風味というか、臭みが際立ってしまったように思えます。

動画では国産牛を使っていましたが、私が使ったのはオージービーフ。
オージー独特の獣臭さというか、そう言うのがキツく出てしまったのが残念でした…。

また、使用した部位のためか、脂も相当量出たので、素直に脂っこい、と感じてしまいました。
肉自体は、ほろりと崩れるほど美味しく、煮込み汁をよく絡めて食べると非常に味わい深くて美味しいのですが、脂の独特の臭いが気になってしまい、これは完全に肉のチョイスを間違えたのだなぁ…と、後悔してしまいました…。

ちなみに、料理に使っている調味料などの分量が、動画とは違いますが、これに関しては、私が用意した肉の量と比較して、しっかりと合わせた結果です(^^;。
分量を間違えているので、味が大きく違っている、と言うことはないと思います…(^^;。
まぁ、前述の通り、あまり良い材料は用意できていないのですが(^^;。

そんなわけで、結果は少し残念なことになってしまいましたが、また今度、しっかりと準備して、リベンジしようと思います…(^^;。

この記事を書いている人 - WRITER -
GERO_Matsu
千葉県松戸市在住のオッサン。 "オイルショックの年に生まれた"と言われ続けて育ってきた。 食べるの大好き、作るのも好き。 DIY系も頑張っています。最近はレザークラフトも始めたけど…(^^;。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© GERO_Matsuの日記 , 2022 All Rights Reserved.